Ric0様、 その他 超話題新作

創立以来およそ30年、翻訳会社のシュタールジャパンは、企業および法人のお客様に質の高い翻訳を提供してまいりました。
お客様専任の経験豊富なプロジェクトチームが、ご依頼の内容を正しく分析。そのつど最適なワークフローを設計し、ご満足いただける翻訳に仕上げます。得意とする製造業や精密機械の分野をはじめ、ITや広告など業種を幅広く網羅。取扱説明書、技術文書、Webサイトコンテンツ、マーケティング関連文書など、ビジネスに不可欠な実務翻訳はシュタールジャパンにご依頼ください。

シュタールジャパンが選ばれる理由

1. 30年の実績が裏付ける高評価と高品質

およそ30年前、シュタールグループはスイスで産声をあげました。以来、順調に業績を伸ばし、今日も世界中のお客様からご愛顧いただいております。
ご要望とご期待に真摯に向き合い、お客様のビジネスの成功に少しでもお役に立ちたいとの想いは、このたび「世界の言語サービス企業ランキングトップ100」*1の原神 猫と三丁目 コスプレ 鹿野院平蔵 しかのいんへいぞう 新キャラ 風原神 GENSHIN 煙緋 えんひ コスプレ + ウィッグ付き S/M/Lサイズという形で実を結びました。さらなる翻訳サービスの質の向上に精進してまいります。

*1 Common Sense Advisory発表「The Top 100 Language Service Providers:2020」

2. 世界のネットワークを駆使した多言語対応

スイスに本社を構えるシュタールグループは、【原神】刻晴 コスプレ衣装に拠点を持つ翻訳サービスの国際企業です。
シュタールジャパンはこのネットワークを最大限に活かし、お客様のニーズに合った翻訳をご提供します。グローバル化がいっそう加速する昨今、正しい翻訳言語の選択はビジネスの成功に欠かせません。
本社で使用しているドイツ語はもとより、世界の拠点と連携することで、イギリス英語/アメリカ英語、中国語の簡体字/繁体字はもちろんのこと、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など、使用される国や地域によって言葉の意味や文法が異なる言語も、用途や状況に合わせた訳し分けができます。
このように、きめ細かな多言語対応ができるのは、シュタールジャパンの強みの一つです。

3. 翻訳メモリシステム「Transit NXT」でコスト削減と統一性を実現

翻訳を発注する際、ご担当者様が心配されるのは品質に加え、コストとスタイルの統一性ではないでしょうか。
それならシュタールジャパンにお任せください。弊社グループが独自に開発した翻訳メモリシステム「原神 エウルア コスプレ フルセット」が解決いたします。
「Transit NXT」を使えば、過去に作成した翻訳文章をメモリとして活用し、繰り返しや類似翻訳の作業を軽減し、さらにレイアウト再現が容易になることで全体のコストを抑え、工期を短縮、さらに文書スタイルを統一することが可能です。

シュタールジャパンのサービス

翻訳

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/スペイン語/ポルトガル語/オランダ語/スウェーデン語/チェコ語/ポーランド語/ハンガリー語/ロシア語/ウクライナ語/中国語/韓国語/タイ語/インドネシア語/ベトナム語/アラビア語/他多数

シュタールジャパンはそのワールドワイドなネットワークを生かして、英語から日本語あるいは日本語から英語の翻訳だけではなく、ドイツ語、フランス語などのヨーロッパ言語から日本語への翻訳、さらに英語からその他の言語への多言語展開でお客様のグローバル展開を支援します。
また、30年以上の経験の中で、自動車、機械や精密機器、環境やアパレル、ファイナンスと幅広い分野に対応してきました。
内容もマニュアルやカタログ、ポスター、プレスリリースやオンラインヘルプなど、対応マテリアルは多岐にわたります。

詳しくはセーラージュピター 一式

通訳

人と人をつなぐサービス

シュタールジャパンの派遣通訳サービスは、翻訳のご注文をいただく中でお客様に育てていただきました。
お客様のご要望・シチュエーションにふさわしい専門知識と言語力を備えた通訳者を派遣いたします。

詳しくはキャンディフルーツ ソレイユメイド服 グレー

ケーススタディ

シュタールジャパンのこれまでの実績

お客様にご満足いただけたケーススタディをいくつかご紹介いたします。

詳しくはキャンディフルーツ ソレイユメイド服 黒

翻訳会社シュタールジャパンのサービスや強みを説明しているページのイメージ写真です。Aとあの文字が多数重なることで多言語翻訳や可能性の広がりをイメージしています。伸びる植物のツルの絵は成長や躍進を意味しています。

Ric0様、 超話題新作

Ric0様、
商品の説明はありません

Ric0様、 その他 超話題新作

Ric0様、 その他 超話題新作

Ric0様、 その他 超話題新作

  • 2.00

    親子の愛の物語に無理矢理暗殺劇を持ち出した作品

    Micheal Waltz

    大統領暗殺を狙う元軍人で凄腕のモーガンフリーマンが、ちょっとした事故で身元がバレ警察に逮捕され護送。(本当にスゴイの?とつっこみをいれたくなる。) もちろん、仲間が彼を救出って訳ですが救出にイマイチ失敗。 モーガンフリーマンを乗せた護送車はガケから落ち、川に突っ込むわ。 そこに、山歩きしていた妻をガンで亡くし、息子との距離を感じている主人公とその息子登場。 その親子にあっさりモーガンフリーマン身柄確保。 とにかくダメダメな出発。 こっからすごい展開かって期待した。 でも、結局、そのまま、主人公と息子にこづかれながら、山小屋へってわけ。 そこで、モーガンフリーマンの仲間たちが山小屋に救出ってわけなんだけど、そこでもどうもイマイチ。 一応、モーガンフリーマンの仲間の元軍人達も凄腕らしいのですが、あまりにも凄くない。 もっと、渋い感じで暗殺を決めて欲しかったけど、どうもそういう展開の映画ではないらしい。 鈍くさいわ、山ばっかりだわで、もう本当にイマイチ。 アホな警官2人組がでてくるけど、そんなの出さなくても十分アホアホだと思う。 主人公と息子の心の距離感が縮まったのはわかるけど、この映画のテーマは一体何と考えさせられました。 どうも暗殺劇がとりたかったのではなくて、父と子の人間物語が撮りたかったんだろうね。 でも、制作会社から流行の陰謀暗殺ものをってことだからこうなったのでしょうか。 しかし、その親子物語も、イマイチ葛藤もないし、どうもまちがってんじゃないかとしか思えませんでした。 ぶっちゃけ、見所がない映画でした。 というわけで、星2つ(一応最後まで観たので)です。

  • 4.00

    面白い!

    Amazon カスタマー

    旧作を懐かしみつつ三連休に子供と一緒に視聴しました。

  • 3.00

    面白いけど・・・

    ゼロ

    タイトルから、すご腕のスナイパーVSそれを阻止する男 の話だと思ったら、一寸違いましたね。確かにスナイパーはでてきますが、タイトルとストーリーにズレを感じました。タイトルは「スナイパー」とせずに原題の「contract(契約」のままのほうがよかったのに。モーガン・フリーマン演ずるプロの暗殺者カーデンが交通事故に会い、その後の計画が狂ってしまうというアイデアはちょっと斬新な話の運び方かなとその後の展開を期待したのですが、残念ながら期待はずれでした。後半、こんな偶然あるわけない、はなしを先に進めるためにわざとそうしました、と思えてしまう場面も出てきて、笑ってしまいました。モーガン・フリーマンとキューザックのおかげで、そこそこには楽しめる話に仕上がったという映画です。

  • 3.00

    面白くないとは言わないけれど・・・

    Amazon カスタマー

    オリジナル版を見たあとではやっぱりう~~ん・・・どんなリメイク作にも言えると思いますがちょっと派手になっただけでは、ねオリジナル版の俳優さんたちのカメオ出演だけが見所ですかねぇ・・・

  • 3.00

    気ままに見る映画

    Amazon カスタマー

    ストーリーに深い意味はない。何気なく特に何も考えずに楽しむための映画です。

  • 4.00

    娯楽として良い

    たなか

    中々、面白い映画でしたよ。確かに題名と中身はあまりリンクしてませんが、気楽に楽しめるレベルではあります。

  • 2.00

    パッとしない・・・

    ジスト

    旧作オリジナルと違う点は男性ではなく女性で構成されているという点でしょうか?実際の所、それ以外は逆劣化してしまっておりオリジナル作品に対して失礼に当たるとも言えるかもしれません。ボリューム的にも何かが欠けているとしか思えません。これなら旧作の方が断然良いです。

  • 2.00

    仕事は果たす男

    まなぶらすと

    偶発的な出来事から生まれる絆。 回復する絆。 深まる絆。を描きたかったのだろうがどうにも煮え切らない映画だと感じた。モーガン・フリーマンだからかろうじて成立しているような感じ。ジョン・キューザックの良さはあまり生かされていない。モーガンの仲間たちもすごいのかバカなのかよくわからない。すごいなら超すごい、バカなら超バカ、スパイならとことんスパイ、で描くべきだと思う。あと邦題が誤解を生みます。毎度のことながら。スナイプするシーンは後半ちょろっとあるだけでスナイパーものではありません。全く。

  • 4.00

    小学生の息子は星5つ、親は星2つ…四捨五入して星4つ?

    Harfme

    ゴーストバスターズ一作目を、今の息子と同年代に映画館に駆けつけ観た親としては、正直イマイチ。名前と雰囲気はゴーストバスターズですが、一作目が持っていたビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス、シガニー・ウイーバーらの演技が化学合成したようなアンサンブル感はなく、その俳優の各ポジションにメリッサ・マッカーシーを含めた各人を雰囲気的に割り振った様なだけに感じてしまいました。 息子としては、クリス・ヘムズワースが全てを持っていったコメディ要素も最高だった様で、単純に面白かったそうです。 この作品が、果たして一作目の様に数十年後にリブートされるのか、考えれば難しいと思います。せっかく撮るなら、そこまでの作品を目指してほしかったものです。

  • 3.00

    愚直なキリスト教映画です。

    湯の花

    なぜ本作のストーリーがグダグダであるのか? ここを読み解くことが本作理解への鍵となります。偶然の交通事故で秘密工作員の身元がばれ、プロの放った必殺の弾丸は偶然外れ、プロが素人に返り討ちにあう。何故か?それは本作がキューザック演じる親子の絆の映画なんかではなく、ましてや老練な秘密工作員がターゲットを執拗に追うサスペンス映画でもなく、単純に善人が悪人を神の召命でもって、自分で気づかないうちに改心させるという話だからです。とてもとても単純なキリスト教映画なのです。だから逆に日本人には大変理解しづらい。キューザック演じる親子は、妻及び母が乳癌で死んだことに罪責感を感じています。いわばその悔い改めのため、街を出て大自然の中へ巡礼しに行きます。そしてそこで仲間に救出される時に偶然車がごと谷に落ちて川にながされてきたモーガン・フリーマン演じる秘密工作員のボスを拾いあげます。はい、そうです。川は洗礼のイメージです。川でいったん死んで彼は復活するのです。そして逃走劇。ボスを救出しようとするプロフェッショナルな部下達の弾は当たらず、逆にアマチュアに返り討ちにあってしまいます。これは神の摂理、奇蹟ですね。クライマックスのラストの墓場のシーンは同監督の『ダブル・ジョパディー』の墓場シーンほどの盛り上がりには全く欠けますが、そこで悪魔との契約を自ら断念する訳です。ですので、この映画の主人公はキューザックではなくモーガン・フリーマンです。原題が「The Contract」なのには意味があるのです。ですから邦題のつけかたが悲しいですね。配給会社の映画愛を感じません。こう見ていくと、あのシーン・このセリフ・各キャラクターが腑に落ちてきます。キューザックが元警官である設定の意味、差し出されるコーヒーと砂糖まみれのドーナッツの本当の意味、「水晶の玉を忘れてきたわ」というセリフの意味、なぜ山の中で出会った株式バイヤーが撃たれなきゃならないのか・・・等々。本作品、映画としてはホントに面白くないのですが、監督は自分の言いたいことを愚直に追求しておりますし、観客が作品を読み解く面白さがありますので、是非見てやってください。

Ric0様、 その他 超話題新作

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

Ric0様、 その他 超話題新作