tatsu0nagahata ブルーサファイア ピアス ピアス(両耳用) 日本製

創立以来およそ30年、翻訳会社のシュタールジャパンは、企業および法人のお客様に質の高い翻訳を提供してまいりました。
お客様専任の経験豊富なプロジェクトチームが、ご依頼の内容を正しく分析。そのつど最適なワークフローを設計し、ご満足いただける翻訳に仕上げます。得意とする製造業や精密機械の分野をはじめ、ITや広告など業種を幅広く網羅。取扱説明書、技術文書、Webサイトコンテンツ、マーケティング関連文書など、ビジネスに不可欠な実務翻訳はシュタールジャパンにご依頼ください。

シュタールジャパンが選ばれる理由

1. 30年の実績が裏付ける高評価と高品質

およそ30年前、シュタールグループはスイスで産声をあげました。以来、順調に業績を伸ばし、今日も世界中のお客様からご愛顧いただいております。
ご要望とご期待に真摯に向き合い、お客様のビジネスの成功に少しでもお役に立ちたいとの想いは、このたび「世界の言語サービス企業ランキングトップ100」*1のCELINE フープピアスfauvirame フープピアスという形で実を結びました。さらなる翻訳サービスの質の向上に精進してまいります。

*1 Common Sense Advisory発表「The Top 100 Language Service Providers:2020」

2. 世界のネットワークを駆使した多言語対応

スイスに本社を構えるシュタールグループは、[本物・新品未使用]k10 PG チェーン 5本 ピアスに拠点を持つ翻訳サービスの国際企業です。
シュタールジャパンはこのネットワークを最大限に活かし、お客様のニーズに合った翻訳をご提供します。グローバル化がいっそう加速する昨今、正しい翻訳言語の選択はビジネスの成功に欠かせません。
本社で使用しているドイツ語はもとより、世界の拠点と連携することで、イギリス英語/アメリカ英語、中国語の簡体字/繁体字はもちろんのこと、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など、使用される国や地域によって言葉の意味や文法が異なる言語も、用途や状況に合わせた訳し分けができます。
このように、きめ細かな多言語対応ができるのは、シュタールジャパンの強みの一つです。

3. 翻訳メモリシステム「Transit NXT」でコスト削減と統一性を実現

翻訳を発注する際、ご担当者様が心配されるのは品質に加え、コストとスタイルの統一性ではないでしょうか。
それならシュタールジャパンにお任せください。弊社グループが独自に開発した翻訳メモリシステム「豪華 天然 ゴールデンパール 10.4mm K18 ゴールド ピアス」が解決いたします。
「Transit NXT」を使えば、過去に作成した翻訳文章をメモリとして活用し、繰り返しや類似翻訳の作業を軽減し、さらにレイアウト再現が容易になることで全体のコストを抑え、工期を短縮、さらに文書スタイルを統一することが可能です。

シュタールジャパンのサービス

翻訳

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/スペイン語/ポルトガル語/オランダ語/スウェーデン語/チェコ語/ポーランド語/ハンガリー語/ロシア語/ウクライナ語/中国語/韓国語/タイ語/インドネシア語/ベトナム語/アラビア語/他多数

シュタールジャパンはそのワールドワイドなネットワークを生かして、英語から日本語あるいは日本語から英語の翻訳だけではなく、ドイツ語、フランス語などのヨーロッパ言語から日本語への翻訳、さらに英語からその他の言語への多言語展開でお客様のグローバル展開を支援します。
また、30年以上の経験の中で、自動車、機械や精密機器、環境やアパレル、ファイナンスと幅広い分野に対応してきました。
内容もマニュアルやカタログ、ポスター、プレスリリースやオンラインヘルプなど、対応マテリアルは多岐にわたります。

詳しくはK10ホワイトゴールド ピアス

通訳

人と人をつなぐサービス

シュタールジャパンの派遣通訳サービスは、翻訳のご注文をいただく中でお客様に育てていただきました。
お客様のご要望・シチュエーションにふさわしい専門知識と言語力を備えた通訳者を派遣いたします。

詳しくはポンテヴェキオ 18KWG+ダイヤモンド ピアス

ケーススタディ

シュタールジャパンのこれまでの実績

お客様にご満足いただけたケーススタディをいくつかご紹介いたします。

詳しくは新品 K18 イエローゴールド 18金ピアス 刻印あり 上質 日本製 ペア #⑳

翻訳会社シュタールジャパンのサービスや強みを説明しているページのイメージ写真です。Aとあの文字が多数重なることで多言語翻訳や可能性の広がりをイメージしています。伸びる植物のツルの絵は成長や躍進を意味しています。

tatsu0nagahata ブルーサファイア ピアス ピアス(両耳用) 日本製

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

tatsu0nagahata ブルーサファイア ピアス ピアス(両耳用) 日本製

tatsu0nagahata ブルーサファイア ピアス 日本製

tatsu0nagahata ブルーサファイア ピアス
tatsu0nagahataの片耳用ブルーサファイアピアスとダイヤモンドピアスのセット販売です。 いずれもほぼ未使用で、綺麗な自宅保管品になります。 ケースはブランド純正ではなく写真のものになります。 素材:K10+ブルーサファイア・ダイヤモンド 原価: ブルーサファイアピアス30000円程度 ダイヤモンドピアス20000円程度 カラー···ブルー 材質···ゴールド

tatsu0nagahata ブルーサファイア ピアス ピアス(両耳用) 日本製

tatsu0nagahata ブルーサファイア ピアス ピアス(両耳用) 日本製

  • 5.00

    感情や先入観に囚われていないか、あくまで客観的に証拠をとらえているか

    ユーカちゃん

    ほとんどの陪審員が有罪とする中、たった1人の陪審員が被告人が有罪と判断するのに疑問を抱いたことから話が始まります。俳優方の演技、脚本含めて素晴らしい作品だと感じます。何年にも渡ってリメイクされている心に迫る作品です。

  • 5.00

    21世紀のバンパイアはまともだ

    夜の空騒ぎ

    すごい、すごい、吃驚した。アニメよりも実写よりも、よりリアルで大嘘なこの作品。時間が短すぎて物足りない気もするがこれ以上の説明もドラマも要らない。ぜひ、観てほしい作品です。血は何よりも物語る、です。英語の使い方、日本語の入れ方。すばらしい、の一言です。

  • 4.00

    名作法廷もの

    陸商王

    日本でもリメイクされた作品です。

  • 3.00

    攻殻機動隊 S. A. C. 神山健治監督による脚本作品。2000年

    カンパネルラ

    小夜はヴァンパイアのオリジナルとのこと。小夜がやっつけている鬼は、オリジナルから程遠い亜種だから退治するってことだろうか。基地内スクールでの自殺は鬼が自殺に見せかけたということだろうか。最後に瀕死の鬼に、小夜が血を分け与えたのは何故だろうか。鬼の死への手向けか。鬼を生き永らえさせたのであれば、なぜ退治するのか分からなくなる。映像は優れているのだろうが、話の筋がスッキリしないから視聴してスッキリしない。ウェズリー・スナイプス主演「ブレイド」にインスパイアされたのだろうか。

  • 4.00

    名作です

    さかききこ

    必要なタイミングで予想以上に早く到着があり大変助かりました。作品は言わずもがな。組織論の勉強にもとても役に立ちますが、日本の裁判員裁判制度の中でも同じような光景はあるのではないかと思います。

  • 5.00

    良Blu-ray

    ざわを

    作品の素晴らしさについては言わずもがな。画質はまあまあですが、音質が原語、日本語吹き替え共に滅茶苦茶良いです。日本語吹き替えが二種しっかり収録されているのが良いです。そして、あのドリュー・キャスパー(カスパー)の音声解説が収録されていてなお良いです。買って非常に良かったです!

  • 5.00

    工藤夕貴、残念。。。。。

    もちお

    このスピード感はすごい。剣を振り上げてから振り下ろすまでの間に、どれだけの映像が駆け抜けるか。屋根の上で咆哮する翼手(鬼)の姿を、ヘリからの映像のように見せるあたり、演出に溜め息が出る。迫力とスケールに目を奪われ、あっという間に見終わってしまった感じ。ストーリー的には、まとまっていて見やすい。工藤夕貴のアフレコには、映像が映像だけに多少、残念な感はあるが(日本語が、やや聞き取りにくい)、全体的にはお腹いっぱいという感じ。小夜の剣に切られ、絶命する翼手(鬼)のもがく姿は、息を飲むほど生々しい。

  • 4.00

    さすが民主主義の国の作品ですね。

    ゆうこ

    陪審員が全員男性ということに時代を感じましたが、さすが民主主義の国の作品。共感を覚えました。

  • 4.00

    色彩設計と抑えた演出が好印象

    のじり

    発表時以来久しぶりに再見した。当時、衝撃的だったCGは今観ると驚くほどではなくなった(もちろん基本的にはよく出来たCGだと思う)。技術は日進月歩。凄いCGは巷に溢れ見慣れてしまっている…。だけど、作画や色彩は変わらず素晴らしいと思う。特に色彩設計が素晴らしい。演出もバランスがよく好印象。僅か48分の中篇アニメではあるが、その総合的なクオリティは現在の視点でも見てもかなり高く感じる。観る価値の高い一本だ。まず映像面(アニメの評価で大事なのは‘画’と‘動き’だと思う)だが、セルアニメ部分が個性的で素晴らしい。作画監督の黄瀬氏を中心とした見事な仕事ぶりは日本(セル)アニメ作画の最高作の一つである『人狼』を彷彿とさせる。アクションはそれほど激しい描写(動き)は少ないが、‘間’を心得た演出とあわせてなかなか魅せてくれる。また、CGも確かに見所。(本作の発表時の売りはCGだったと記憶する)それは、現代の水準から観ても見劣りすることは(まったく)ない。が、むしろ評価すべきなのは‘画面のなかにCGが比較的上手く馴染んでいる’ことだと思う。CGとセルアニメの融合例としては好例の一つだと感じた。そして最大の魅力は色彩設計。彩度を抑えた画面は品がありスタイリッシュだ。CG部分を含め非常に強く(演出的な意図で)コントロールされた色彩が本作の映像的な成功要因の一つなのはまちがいない。そしてCGがセルアニメと上手く親和できているのもこの色彩に依るところが大きい。演出も無駄に派手さを追及せず渋さ(上品というより渋い)をもちつつ、アニメらしい飛躍やアクションは残しバランスよくまとめてある。観客に無理に媚びた感じがないのもいい。ベタな言い方をすれば、硬派な演出だと思う。(監督は伝説の『ポッ●チェイサー』や大友克洋原作脚本の『老人Z』が印象的な最早ベテラン北久保弘之氏。)ただ、物語としては唐突に終わってしまう印象でそこがチョッと残念ではある。映画の前半だけで終わってしまったような感じだ。映画の前半としては文句のない仕上がりであり、是非この(直接の)続きが観たい、と思うのは人情だろう。(現実には難しそうだけど)このクオリティのまま2時間程度のホラーアクションとして完成されれば面白そうだ、などと(楽しく)妄想することが止められない…好印象の一本だ。

  • 5.00

    原点にして頂点

    虎乱

    単品としての評価は正直☆3です。シリーズを通して見ると言うことなら☆5で評価させていただきます。 まず結論から言ってしまうと、BLOOD THE LAST VAMPIREは今作だけでは留まりません。むしろ今作は謎だけ残して終わってしまう感じがあります。 今作は全体的な話の一つとして、またはBLOOD THE LAST VAMPIREの世界に触れるきっかけになるような作品として、視聴されることをオススメします。 (ちなみにBLOOD+、BLOOD-Cとは別作品となります。一応原作にはなりますが・・・・・・)  と、いう口上はさておき、今作は表情の演技がすさまじくリアルです。よって、日本刀で翼手を斬り裂くシーンは非常に生々しく、下手に格好を付けない演出が一種のカタルシスを感じさせます。動きも丁寧で、声優(俳優)さん達も良い感じです。 話は短く、小夜やそれをバックアップする組織の人物、そして翼手。疑問を数々残されるものの、短編アニメーションとしてはよくできていると思います。 しかし、元の制作時期が悪かったのか、画質は残念なことにBDにしては意外と荒いです。それでもDVDよりは綺麗だと思います。  蛇足ですが、私はゲーム→今作→小説(闇を誘う血)→小説(獣たちの夜)→漫画→小説(上海哀夢)と流れました。どの作品も小夜さんはかっこ良いです。 今作を見て、もし気に入ったのなら、他のBLOOD THE LAST VAMPIREシリーズを見ることをオススメします。

tatsu0nagahata ブルーサファイア ピアス ピアス(両耳用) 日本製