トリーヴァギャラクシールド デュエルマスターズ 逆輸入

創立以来およそ30年、翻訳会社のシュタールジャパンは、企業および法人のお客様に質の高い翻訳を提供してまいりました。
お客様専任の経験豊富なプロジェクトチームが、ご依頼の内容を正しく分析。そのつど最適なワークフローを設計し、ご満足いただける翻訳に仕上げます。得意とする製造業や精密機械の分野をはじめ、ITや広告など業種を幅広く網羅。取扱説明書、技術文書、Webサイトコンテンツ、マーケティング関連文書など、ビジネスに不可欠な実務翻訳はシュタールジャパンにご依頼ください。

シュタールジャパンが選ばれる理由

1. 30年の実績が裏付ける高評価と高品質

およそ30年前、シュタールグループはスイスで産声をあげました。以来、順調に業績を伸ばし、今日も世界中のお客様からご愛顧いただいております。
ご要望とご期待に真摯に向き合い、お客様のビジネスの成功に少しでもお役に立ちたいとの想いは、このたび「世界の言語サービス企業ランキングトップ100」*1のカツキング 熱血の物語 4枚デュエルマスターズ ラッカ鬼羅star デッキという形で実を結びました。さらなる翻訳サービスの質の向上に精進してまいります。

*1 Common Sense Advisory発表「The Top 100 Language Service Providers:2020」

2. 世界のネットワークを駆使した多言語対応

スイスに本社を構えるシュタールグループは、デュエルマスターズ 砕慄接続 グレイトフル・ベン 金トレジャー 1枚に拠点を持つ翻訳サービスの国際企業です。
シュタールジャパンはこのネットワークを最大限に活かし、お客様のニーズに合った翻訳をご提供します。グローバル化がいっそう加速する昨今、正しい翻訳言語の選択はビジネスの成功に欠かせません。
本社で使用しているドイツ語はもとより、世界の拠点と連携することで、イギリス英語/アメリカ英語、中国語の簡体字/繁体字はもちろんのこと、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など、使用される国や地域によって言葉の意味や文法が異なる言語も、用途や状況に合わせた訳し分けができます。
このように、きめ細かな多言語対応ができるのは、シュタールジャパンの強みの一つです。

3. 翻訳メモリシステム「Transit NXT」でコスト削減と統一性を実現

翻訳を発注する際、ご担当者様が心配されるのは品質に加え、コストとスタイルの統一性ではないでしょうか。
それならシュタールジャパンにお任せください。弊社グループが独自に開発した翻訳メモリシステム「切札勝太&カツキング 〜熱血の物語〜」が解決いたします。
「Transit NXT」を使えば、過去に作成した翻訳文章をメモリとして活用し、繰り返しや類似翻訳の作業を軽減し、さらにレイアウト再現が容易になることで全体のコストを抑え、工期を短縮、さらに文書スタイルを統一することが可能です。

シュタールジャパンのサービス

翻訳

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/スペイン語/ポルトガル語/オランダ語/スウェーデン語/チェコ語/ポーランド語/ハンガリー語/ロシア語/ウクライナ語/中国語/韓国語/タイ語/インドネシア語/ベトナム語/アラビア語/他多数

シュタールジャパンはそのワールドワイドなネットワークを生かして、英語から日本語あるいは日本語から英語の翻訳だけではなく、ドイツ語、フランス語などのヨーロッパ言語から日本語への翻訳、さらに英語からその他の言語への多言語展開でお客様のグローバル展開を支援します。
また、30年以上の経験の中で、自動車、機械や精密機器、環境やアパレル、ファイナンスと幅広い分野に対応してきました。
内容もマニュアルやカタログ、ポスター、プレスリリースやオンラインヘルプなど、対応マテリアルは多岐にわたります。

詳しくはデュエルマスターズ カツキング 熱血の物語 4枚

通訳

人と人をつなぐサービス

シュタールジャパンの派遣通訳サービスは、翻訳のご注文をいただく中でお客様に育てていただきました。
お客様のご要望・シチュエーションにふさわしい専門知識と言語力を備えた通訳者を派遣いたします。

詳しくはシャッフ b 4枚

ケーススタディ

シュタールジャパンのこれまでの実績

お客様にご満足いただけたケーススタディをいくつかご紹介いたします。

詳しくは梨子さん専用

翻訳会社シュタールジャパンのサービスや強みを説明しているページのイメージ写真です。Aとあの文字が多数重なることで多言語翻訳や可能性の広がりをイメージしています。伸びる植物のツルの絵は成長や躍進を意味しています。

トリーヴァギャラクシールド デュエルマスターズ 逆輸入

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

トリーヴァギャラクシールド デュエルマスターズ 逆輸入

トリーヴァギャラクシールド 逆輸入

トリーヴァギャラクシールド
複数枚積みのカードはバージョンがバラバラです。レアカードの状態は基本的に良いですがノーマルカードは状態が悪いものもあるのでプレイできれば問題ない程度にお考えください。 発送時はインナースリーブをつけた状態で発送します。+800円でウマ娘のスリーブと保護スリーブをつけて発送します。 CSでは使っていないですがデュエバトルで優勝経験はあるデッキになります。 環境的にパウアーはメヂカラに変えてもいいかなと思ったので+2000円で予備パーツとしてメヂカラ2枚つけます。

トリーヴァギャラクシールド デュエルマスターズ 逆輸入

トリーヴァギャラクシールド デュエルマスターズ 逆輸入

  • 3.00

    ろう付けが雑

    0034

    ろう付けが雑なせいで、脚部全体に歪みねじれがありました。組み立ても歪みの影響で若干コツが必要な状況。(写真二枚目は手で修正したあとのものです。これ以上は折れそうだったのでやめました)ハズレをひいたのかな。耐久性は不安要素ありですテーブルとしての使い勝手は◎追記です【2020.9.3】その後使い続けてみましたが他の方のレビューにあるように突き破りました。歪みによる負荷がかかったようです‥サイズ感、見た目、使い勝手は良いのですがなんとも惜しい商品

  • 5.00

    前作とは別だけど・・・!

    az

    前作と比べてとかは・・必要ない!このヘルボーイはこれなんです!!面白い!!エセ評論家みたいな奴らが「全さと違い・・・」とか「前作の俳優がよかった・・」とか言ってるが(笑)これはヘルボーイであって、それを楽しめればいいんですよ!!3作とも面白いからいいんです!!

  • 4.00

    クセが強い〜!

    booska3

    これまでソロで旅する自分は食料品調達時にマンガや週刊誌を買い全てを賄っていた。まな板、テーブル、枕、燃料として使えるからだ。なので荷物が増えるので正直必要かどうかは疑問だが、軽くて足が飛び出て簡単に折り畳める某人気商品を店頭で見て欲しくなったものの、テーブルくらいにしか使えない物に五千円以上金を出す勇気が出ず似たようなこれを購入。これはこれで軽くは出来てるがやはり少し重いかな?金をケチって手軽さを犠牲にしたので初めは手間は掛かりちょっと後悔。組立てはクセが強く何度もいろいろ順序を変えて組立ててたら慣れてきた。ただ脚は少し負荷を掛けて自立させる仕組みなので耐久性に心配が残る。セールで買ったし脚は傷んだら自作するかと思えるおおらかな考えをお持ちの方にお薦めする。で、今一番使っているのはお中元で戴いた素麺の木箱の蓋である。

  • 1.00

    ヘルボーイが真面目だと・・・?

    こあら

    ヘルボーイ(2004)、ヘルボーイ/ゴールデン・アーミーに続く、ヘルボーイの3作目。ヘルボーイは、アメコミのダークヒーロー。赤ん坊の時に魔術によって地獄から人間界に召喚されるが、ブルッテンホルム教授が引き取り育ての親となる。アメリカの超常現象捜査局(B.P.R.D.)で、自分と同じ世界各地の魑魅魍魎たちと戦い続けている。平たく言えばメン・イン・ブラックで働く、でかいウルヴァリンって感じ。前作までは、ヘルボーイをロン・パールマンが、今作からははデヴィッド・ハーバーが演じている。好みはあるだろうが個人的には前作のほうが好き。監督も変わった。キャストは豪華になったものの、荒くて豪快な爆発的なヘルボーイっぽい作風から、おとなしく割と常識人なヘルボーイになってしまっており、程よく癖のある楽しい作品からよくある大作アメコミ映画に似た優等生のような印象を受けた。敵の造形美は素晴らしい。人外のクリーチャーはどれも格好良く良い出来だ。戦闘シーンではたまに粗が出てしまっていたが、そんなには気にならなかった。明るい作風から暗い作風になりグロさがアップし爽快さは失われた。展開も小刻みに同じ展開が連続していて、誰かが死にかけて、ヘルボーイがなんとかする。誰かが死にかけてヘルボーイがなんとかする。の繰り返しであまりおもしろくはない。最初から最後までヘルボーイはヘルボーイで、物語を通しての成長や苦悩もなく、背景はあまり語られない。ヘルボーイの周りにいる味方も共闘はするものの絡みはほとんどなく、存在感は非常に薄くいる意味をあまり感じなかった。ヘルボーイが社会的に受け入れられている様子を見る限り前作よりも時系列で考えると後の方の世界になる。そうすると、前作のリズとの関係性もなかったことにされており、子どもがいるのにニムエに惹かれるような前作のような豪快で大胆な性格ではなく、比較的真面目でまともな性格のように描写されており、非常に違和感を感じた。おそらくリブートのような関係になっているのかもしれない。映画の最後の方に出てくる、『イクチオ・サピエン、1865年4月14日』と半魚人の手は、ブルーと呼ばれているエイブ・サピエンに関係している。これによって、舞台はだいぶ前の話でリブートだとわかった。最初に説明してくれ。全体として良い出来ではないが、敵の魔女のニムエの存在感は素晴らしいの一言。ただ前作までと比べると明らかに見劣りしてしまう。もう少し一人ひとりのキャラクターの背景や成長を描いて欲しかった。残念。

  • 4.00

    軽さ

    あずき

    足を組むため ひと手間ありますが軽さ値段を考えればいい商品だと思います

  • 5.00

    テンポよくコミカル、こだわりのグロ

    Ar

    テンポよく、コミカルな作品です!悪魔やグロテスクな部分のデザインもさすがデルトロというこだわりを感じました。コミカルな部分とストーリーの分かりやすさが合間ってライトに楽しめる作品ですよ!

  • 5.00

    友人にも勧めてみようと思える感じです

    kazz

    ケース付きだし、お安くなっていたので2個購入。段ボールを開けると、ケースの中にプチプチに包まれた状態で入っていて好印象。本体は、塗装に若干のブツがあるものの用途を考えれば全く問題ないレベル。ただ何度か組立と収納を繰り返すと、脚の差し込み部分などの塗装が剥がれる。構造上致し方なしだが、サビで外せないなんて事ににならないように軽くグリス塗布。組立てた状態のがたつきもほぼ無くしっかりした印象。組立時に指を挟みそうという意見もあるようだが、工夫で対応できるレベルで、私的には問題なし。天板のサイドにはメーカー名の彫りこみがありこれも好印象。ケースは、一部縫製の甘さはあるものの、布の厚みや内部のクッション性もあり、全体的にはしっかりした造り。シンプルな色合いもいい感じ。マチがあるので、ひとつのケースに2台までは入るが3台目は少し厳しそう。ひとつの製品に少し問題があったが、問い合わせへの回答は早く、良心的な対応でメーカーに対しても好印象。

  • 5.00

    助け損

    きん太郎

    アメリカン・ダークヒーロのひとりであるヘルボーイ。 人間の為に命を張って戦うも、その守られる側の人間にいとも容易く裏切られる、命を狙われる孤独なヒーロー。 それでも同じアメリカン・ヒーローの中には同じ地獄から蘇った「スポーン」や「デアデビル」という本物の孤独なヒーローも存在する、彼らに比べればまだマシという所か。 助けられる側の人間にしてみれば「助けられて当たり前」程度にしか思わないのかもしれない。 それだけは勉強になった作品。

  • 5.00

    コンパクトなのが気に入り2つ目も購入

    ハム吉

    ソロキャンプや釣りに使ってます。折りたたみ式のアルミテーブルを使ってましたが、バイクでのソロキャンプやバックパックでの釣行では荷物が大きく重かったので軽量化とコンパクトさを狙って購入しました。慣れたら組み立てと分解も簡単です。表面処理がマットとグロスの2タイプあり、私は両方購入しましたが、個人的にはマットのほうが見た目が好きです。汚れはグロスのほうが拭き取りやすいと思います。付属の袋も黒と白の2タイプですが、汚れが目立たない黒のほうが良いですね。重さは以外と重いですが、お勧めです。

  • 5.00

    オカルト好きなら観るべき!

    MHV

    !!【ネタバレ注意】!!ロン・パールマンの印象が激烈に強いヘルボーイだが、これはこれでと思えるいいヘルボーイだった。というのも、私が個人的にヘルボーイというキャラクターのいい部分として感じているのが、彼の内面は10代から20代の若い男という部分なのだ。スパイダーマンにも通じるその無垢さが物語を進行する上で世界を滅ぼす鍵にもなるし、逆に希望にもなりうるというのは見ている側が常にハラハラドキドキとさせられてしまう部分であったと思う。ロン・パールマンのヘルボーイはその辺りが熟練された大人としての魅力として現れてしまいおっさんヘルボーイというキャラクターが出来たのだが、それはそれこれはこれ、ということで決してこのヘルボーイもヒーローとしては悪くない。むしろその不安定さが観ている側を盛り上げさせてくれる部分だったと思う。他の方が言っているように露骨なオカルト描写はその手のネタに事欠かない日本人にとって食傷気味であるものの、では何も知らない人間が見たときにアーサー王伝説は取っつきやすいし、俗人としてのアーサー王はむしろ近年のイメージにも近い部分があるだろう。マーリンの半ば自業自得な最後においても決して彼を哀れむ気持ちにはならなかった。さて、悪い部分だが、これは日本人であればよく感じる通りストーリーが少々拙い。というのもニムエを封印した場所が英国領内と割りと狭い範囲だし、途中でアリスを救いにマーリンの下へ行くというのも必要でさえあったものの、そこに至る為のアリスとヘルボーイの絆を恋愛要素でなくもっと見せてほしかった。アリス自体演者の可愛さも相まって言いたいことを言ってくれるキャラではあるものの、もっとヘルボーイとの縁を描いてほしいものだった。またラストはギレルモ・デル・トロ監督のヘルボーイを観ていればニヤリとなるおまけ付きなので、是非とも最後まで観てもらいたい。ややこしいことを考えず、作品を素直に楽しめば中々のストレスフリーな映画でした。あ、ゴア描写が無駄に力入ってるのでそこはむしろ楽しむべき

トリーヴァギャラクシールド デュエルマスターズ 逆輸入