蓋付きサーモタンブラー うたプリ キャラクターグッズ 2017特集

創立以来およそ30年、翻訳会社のシュタールジャパンは、企業および法人のお客様に質の高い翻訳を提供してまいりました。
お客様専任の経験豊富なプロジェクトチームが、ご依頼の内容を正しく分析。そのつど最適なワークフローを設計し、ご満足いただける翻訳に仕上げます。得意とする製造業や精密機械の分野をはじめ、ITや広告など業種を幅広く網羅。取扱説明書、技術文書、Webサイトコンテンツ、マーケティング関連文書など、ビジネスに不可欠な実務翻訳はシュタールジャパンにご依頼ください。

シュタールジャパンが選ばれる理由

1. 30年の実績が裏付ける高評価と高品質

およそ30年前、シュタールグループはスイスで産声をあげました。以来、順調に業績を伸ばし、今日も世界中のお客様からご愛顧いただいております。
ご要望とご期待に真摯に向き合い、お客様のビジネスの成功に少しでもお役に立ちたいとの想いは、このたび「世界の言語サービス企業ランキングトップ100」*1の★コメント必須★対魔忍 秋山凛子 おっぱいマウスパッド付属CDゴールデンカムイ どうぶつフォーゼ ジャンプショップ 尾形 月島 鯉登 ぬいという形で実を結びました。さらなる翻訳サービスの質の向上に精進してまいります。

*1 Common Sense Advisory発表「The Top 100 Language Service Providers:2020」

2. 世界のネットワークを駆使した多言語対応

スイスに本社を構えるシュタールグループは、抱かれたい男1位に脅されています★アニカフェコースター9に拠点を持つ翻訳サービスの国際企業です。
シュタールジャパンはこのネットワークを最大限に活かし、お客様のニーズに合った翻訳をご提供します。グローバル化がいっそう加速する昨今、正しい翻訳言語の選択はビジネスの成功に欠かせません。
本社で使用しているドイツ語はもとより、世界の拠点と連携することで、イギリス英語/アメリカ英語、中国語の簡体字/繁体字はもちろんのこと、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など、使用される国や地域によって言葉の意味や文法が異なる言語も、用途や状況に合わせた訳し分けができます。
このように、きめ細かな多言語対応ができるのは、シュタールジャパンの強みの一つです。

3. 翻訳メモリシステム「Transit NXT」でコスト削減と統一性を実現

翻訳を発注する際、ご担当者様が心配されるのは品質に加え、コストとスタイルの統一性ではないでしょうか。
それならシュタールジャパンにお任せください。弊社グループが独自に開発した翻訳メモリシステム「キラーケン ゲンブル F230GCF ベイブレード ゼロジー」が解決いたします。
「Transit NXT」を使えば、過去に作成した翻訳文章をメモリとして活用し、繰り返しや類似翻訳の作業を軽減し、さらにレイアウト再現が容易になることで全体のコストを抑え、工期を短縮、さらに文書スタイルを統一することが可能です。

シュタールジャパンのサービス

翻訳

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/スペイン語/ポルトガル語/オランダ語/スウェーデン語/チェコ語/ポーランド語/ハンガリー語/ロシア語/ウクライナ語/中国語/韓国語/タイ語/インドネシア語/ベトナム語/アラビア語/他多数

シュタールジャパンはそのワールドワイドなネットワークを生かして、英語から日本語あるいは日本語から英語の翻訳だけではなく、ドイツ語、フランス語などのヨーロッパ言語から日本語への翻訳、さらに英語からその他の言語への多言語展開でお客様のグローバル展開を支援します。
また、30年以上の経験の中で、自動車、機械や精密機器、環境やアパレル、ファイナンスと幅広い分野に対応してきました。
内容もマニュアルやカタログ、ポスター、プレスリリースやオンラインヘルプなど、対応マテリアルは多岐にわたります。

詳しくはねじねじ アンパンマン だだんだん4点セット

通訳

人と人をつなぐサービス

シュタールジャパンの派遣通訳サービスは、翻訳のご注文をいただく中でお客様に育てていただきました。
お客様のご要望・シチュエーションにふさわしい専門知識と言語力を備えた通訳者を派遣いたします。

詳しくは【キティ根付けストラップ】HELL0 KITTY ハローキティ ご当地ストラップ

ケーススタディ

シュタールジャパンのこれまでの実績

お客様にご満足いただけたケーススタディをいくつかご紹介いたします。

詳しくはマイキー パーカー缶バッジ×14

翻訳会社シュタールジャパンのサービスや強みを説明しているページのイメージ写真です。Aとあの文字が多数重なることで多言語翻訳や可能性の広がりをイメージしています。伸びる植物のツルの絵は成長や躍進を意味しています。

うたプリ 蓋付きサーモタンブラー 2017特集

うたプリ 蓋付きサーモタンブラー
うたプリ うたのプリンスさまっ♪ PRINCE CAT プリンスキャット タンブラー 自己保管になりますのでご了承いただける方のみお願いします。

蓋付きサーモタンブラー うたプリ キャラクターグッズ 2017特集

蓋付きサーモタンブラー うたプリ キャラクターグッズ 2017特集

蓋付きサーモタンブラー うたプリ キャラクターグッズ 2017特集

  • 5.00

    冷たき世界の彷徨い人

    西村哲也

    主人公のスパイ・アクションらしからぬ繊細な雰囲気と 独特のスピード感を持つ映像が 世界の冷たさを見事に表現しているように感じました。 ハッピーエンドの形を取っているにもかかわらず 暗い影を宿すラストも印象的です。

  • 4.00

    数年経っても評価が高いので・・・

    シロネコ

    正直、公開時はマット・デイモン主演&アクション。という事で、全くスルーをしていました。主演作は何本か見たことはあり、容姿は好きでは無いけど、知的な雰囲気に好感は持っていたのですが、意識して、好きだな。とか、出ているから見たい。と思った事は無く、むしろ、出ている=興味なし。でした。何故だろうか、3作目が公開され、長年「ボーン・アイデンティティー」という言葉が不意に体内充満、満期完了!となり、突然見よう!!となりました。元?人間兵器。なんだか凄い人ですが、記憶を失った彼は、物静かで、礼儀正しく、女性に対しても紳士的で、なにがなんだか分からない環境で、本能により、いろいろな危機を回避します。アクション云々より、動物的な勘や、記憶喪失前はおそらく見られなかったであろう、人間的な面が押し付けがましくなく描かれていて、好感を持ちました。控えめに描かれていた恋愛も、フランカ・ポテンテ演じる女性の図太く、逞しい、主人公は持っていないであろう面が、お似合いに見え、私は、映像のおまけに付いていた、もう一つのエンディングのまるで、家に帰って来た様な感じのほうが、好きです!そして、マット・デイモンのアクションなのに静かな演技がとても良かったです。

  • 5.00

    映画館出たら、周囲をきょろきょろ見てしまう。

    しまうま

    お正月にBSで3部作を一気に上映してたんで、改めて見てしまった。この映画を見ると、映画館を出た後に意味もなく周囲の気配に気を配ってきょろきょろ見回したりするようになります。ファミレスに入っても無意識に出入り口が見える場所に座ったり、信号待ってる時や防犯カメラがたくさんある場所を歩いてる時に死角になりそうな位置を選んで歩いたりしてしまいますよ。「私はラブ・リーガル」ってアメリカのテレビドラマ見てたら、主人公の上司がそんな台詞を言ってて「あ〜アメリカ人も同じなんだ」って笑えました(職場恋愛がばれないか心配してる同僚の恋人に「鏡を使って背後の気配を見ているから大丈夫だ」と言う。恋人が「ジェイソン・ボーンみたいね」と言う)。

  • 5.00

    じっくりと

    なぉ

    ハリウッドは死なず。まだまだこういうのが作れるんだと感心しきり。すべてを失った男の見つけたたった1つの帰る場所。1つの作品として完成し次回作への序章ともなっている、優れた作品。

  • 4.00

    気が付けば観終わっていた!

    unizonworld

    ボーン・アイデンティティーはマット・デイモン主演のアクション・サスペンス映画です。CIAの工作員であった主人公が、任務に失敗して記憶を失ってしまった場面から物語はスタートする。マルセイユの海に浮かんでいた彼を通りがかった漁船が助け、舞台はパリへと移ってゆく・・・ アメリカの映画産業は、ド派手でかつ公的な組織の失態をよく映画にする。弁護士、警察、国防総省、そして諜報機関であるCIAなどに所属する主人公が悪と戦う。そしてこの作品でも、マット・デイモンが自分の存在と記憶を確かめるためにフランス中を敵に追われながら逃げ回る。 「ジェームス・ボンドシリーズ」に少し似ていると言えばわかりやすいのではないでしょうか? あの孤独な男のイメージがぴったり。 実はこの映画、外国人の間でとても評判が良いらしい。これほどありきたりなストーリーなのになぜ? そんな私の疑問はすぐに解決した。映画が始まり、終わるまでの間主人公の感情の変化にどっぷりと引きこまれてしまうのです。エンターテイメントでありながら、どこかしんみりとした人情を感じさせるあたりは脚本がよほどしっかりしているからでしょう。  余談ですが、リュック・べッソン監督の「LEON」や「ニキータ」を好きな人なら、きっと「ボーン・アイデンティティー」も気に入るはずです!

  • 4.00

    とてもハラハラドキドキして楽しかった

    Y

    知人からよかったと聞いて、遅れながらみました。ストーリー的には少し物足りないところもありましたが、全体的に見てとてもおもしろかったです。舞台がフランスだったという点もすごくよかったですね。続けてボーンシリーズは見たいと思います。

  • 3.00

    渋いアクション、大人向けの珠玉作

    あたしはカモね

    殴り合いはもとより、ガンアクション、カースタントどれもハリウッド風の「これでもか!」といった派手さはないのですが、それが逆に渋いというか、リアリティを感じさせ思わず身を乗り出してしまいます。マットデイモンもけっしてハンサムの部類ではないと思いますがやたらかっちょいいです!CGやワイヤアクションをつかわずとも迫力あるアクション映画はちゃんとつくれることを世の映画人は自覚してほしいと思います。

  • 4.00

    ボーンの長い旅のはじまり

    タナカ

    「ジェイソン・ボーン・シリーズ」は3部作最後まで鑑賞して、その魅力が数倍にも膨れ上がる傑作トリロジーですが、当然、一つ一つの単体を見ても十分に面白い作品です。全編通じて言えるのはアクションが本格志向で手抜きが無いという点。「元CIAのスパイが主役のアクション映画」と言うと、何故だか非常にお手軽な作品に聞こえますが、この作品に関しては、そんな悪しき先入観は全く当てはまりません。また、すべての作品に魅力的な舞台が用意されているのもこのシリーズの特徴で、ヨーロッパから始まり、インド、ロシア、モロッコ、アメリカと、世界各地のあらゆる都市で活躍するジェイソン・ボーンの雄姿を見ることができます。そのボーン演じる、マット・デイモンですが、これがまさにハマリ役。強靭でしなやかな肉体に、クレバーでスマートな頭脳を持つスパイ。007のように紳士でもなく、イーサンハントのように派手でも無いのですが、誰よりも素早く強く賢く行動できるくせに、どこか影を引きずるその姿は、本当に格好良い。記憶喪失で自分の本名さえ思い出せない男が、体に染みついた高度の戦闘術とサバイバル能力で迫りくる追手との戦いを通じ、自分の本当の姿を思い出そうとしていく…。リアリズムを追及したバトルシーンと、後の最愛の女性、マリーとの出会いも描かれていて、エンタテイメントも忘れない。凡百のアクション映画なら飽きたという方でも、きっと新鮮な楽しさを感じられるはずです。気の利いたラストシーンも洒落ている、この第一作目ですが、これはジェイソン・ボーンの長い戦いのほんの序章に過ぎません。この作品を見て、気に入った人は、ぜひ、2作目、3作目も鑑賞してみてください。

  • 4.00

    主役陣の地味さがGood!

    ビン・ラーディン

    確か宮台真司か宮崎哲弥が著書の中で高く評価していたので視る気になった。 テンポ良く、映像もキレイで、非常に丁寧な作りで感心させられた。何より主役のマット・デイモンと相手役の女優の地味さがいかにも写実的で好印象だ。主役のスパイがいきなりキアヌ・リーブズやレオナルド・ディカプリオだと、それだけでウソ臭いでしょ?CIAの上司たちもいかにも現実に居そうなキャラ。 DVDの特典映像もかなり充実しているので、既に劇場で観た方々にも一見の価値はありそうです。特に、別バージョンのオープニング&エンディングは劇場公開版以上の出来で必見だと思う。

  • 4.00

    スピーディで、飽きがまったくこない。

    perorin

    三部作としってから見た者ですが、この一作でも十分いいと思います。 記憶を失っている工作員がだんだん記憶を取り戻していく作品。スピーディに事がすすんでいくので見ている人を飽きさせません。また主人公が勝手に動いてしまう体や洞察力などがリアルで面白い。また記憶を喪失しているから、無駄なことはしゃべらないし、そういったところもリアルでいいと思います。おすすめです。 そして自作への布石になるようなエンディング。とても楽しかったです。

蓋付きサーモタンブラー うたプリ キャラクターグッズ 2017特集

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

蓋付きサーモタンブラー うたプリ キャラクターグッズ 2017特集