花岡楓士雄 川村壱馬 HIGH & L0W THE W0RST X クッション ミュージシャン 経典

創立以来およそ30年、翻訳会社のシュタールジャパンは、企業および法人のお客様に質の高い翻訳を提供してまいりました。
お客様専任の経験豊富なプロジェクトチームが、ご依頼の内容を正しく分析。そのつど最適なワークフローを設計し、ご満足いただける翻訳に仕上げます。得意とする製造業や精密機械の分野をはじめ、ITや広告など業種を幅広く網羅。取扱説明書、技術文書、Webサイトコンテンツ、マーケティング関連文書など、ビジネスに不可欠な実務翻訳はシュタールジャパンにご依頼ください。

シュタールジャパンが選ばれる理由

1. 30年の実績が裏付ける高評価と高品質

およそ30年前、シュタールグループはスイスで産声をあげました。以来、順調に業績を伸ばし、今日も世界中のお客様からご愛顧いただいております。
ご要望とご期待に真摯に向き合い、お客様のビジネスの成功に少しでもお役に立ちたいとの想いは、このたび「世界の言語サービス企業ランキングトップ100」*1の大原櫻子 直筆サイン八木勇征 フェイスタオルという形で実を結びました。さらなる翻訳サービスの質の向上に精進してまいります。

*1 Common Sense Advisory発表「The Top 100 Language Service Providers:2020」

2. 世界のネットワークを駆使した多言語対応

スイスに本社を構えるシュタールグループは、MY FIRST ST0RY マイファス ライダース パーカーに拠点を持つ翻訳サービスの国際企業です。
シュタールジャパンはこのネットワークを最大限に活かし、お客様のニーズに合った翻訳をご提供します。グローバル化がいっそう加速する昨今、正しい翻訳言語の選択はビジネスの成功に欠かせません。
本社で使用しているドイツ語はもとより、世界の拠点と連携することで、イギリス英語/アメリカ英語、中国語の簡体字/繁体字はもちろんのこと、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など、使用される国や地域によって言葉の意味や文法が異なる言語も、用途や状況に合わせた訳し分けができます。
このように、きめ細かな多言語対応ができるのは、シュタールジャパンの強みの一つです。

3. 翻訳メモリシステム「Transit NXT」でコスト削減と統一性を実現

翻訳を発注する際、ご担当者様が心配されるのは品質に加え、コストとスタイルの統一性ではないでしょうか。
それならシュタールジャパンにお任せください。弊社グループが独自に開発した翻訳メモリシステム「B’z LIVE-GYM 0FF THE L0CK プレートバッジ」が解決いたします。
「Transit NXT」を使えば、過去に作成した翻訳文章をメモリとして活用し、繰り返しや類似翻訳の作業を軽減し、さらにレイアウト再現が容易になることで全体のコストを抑え、工期を短縮、さらに文書スタイルを統一することが可能です。

シュタールジャパンのサービス

翻訳

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/スペイン語/ポルトガル語/オランダ語/スウェーデン語/チェコ語/ポーランド語/ハンガリー語/ロシア語/ウクライナ語/中国語/韓国語/タイ語/インドネシア語/ベトナム語/アラビア語/他多数

シュタールジャパンはそのワールドワイドなネットワークを生かして、英語から日本語あるいは日本語から英語の翻訳だけではなく、ドイツ語、フランス語などのヨーロッパ言語から日本語への翻訳、さらに英語からその他の言語への多言語展開でお客様のグローバル展開を支援します。
また、30年以上の経験の中で、自動車、機械や精密機器、環境やアパレル、ファイナンスと幅広い分野に対応してきました。
内容もマニュアルやカタログ、ポスター、プレスリリースやオンラインヘルプなど、対応マテリアルは多岐にわたります。

詳しくはヨルシカ ZENSE 前世 マグカップ 新品未開封

通訳

人と人をつなぐサービス

シュタールジャパンの派遣通訳サービスは、翻訳のご注文をいただく中でお客様に育てていただきました。
お客様のご要望・シチュエーションにふさわしい専門知識と言語力を備えた通訳者を派遣いたします。

詳しくはポルノグラフィティ★フリース付3WAYジャンパー

ケーススタディ

シュタールジャパンのこれまでの実績

お客様にご満足いただけたケーススタディをいくつかご紹介いたします。

詳しくは【新品未開封】米津玄師 せきついくんパーカーMサイズ

翻訳会社シュタールジャパンのサービスや強みを説明しているページのイメージ写真です。Aとあの文字が多数重なることで多言語翻訳や可能性の広がりをイメージしています。伸びる植物のツルの絵は成長や躍進を意味しています。

花岡楓士雄 川村壱馬 HIGH & L0W THE W0RST X クッション ミュージシャン 経典

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

花岡楓士雄 川村壱馬 HIGH & L0W THE W0RST X クッション ミュージシャン 経典

花岡楓士雄 川村壱馬 HIGH & L0W THE W0RST X クッション 経典

花岡楓士雄 川村壱馬 HIGH & L0W THE W0RST X クッション
HIGH & L0W THE W0RST X 花岡楓士雄・川村壱馬 クッション オンライン商品の為ご理解宜しくお願いしますm(_ _)m 即購入⭕️ 必ずご購入頂けるの方はお取り置き可能です⭕️ #ハイロー #花岡楓士雄 #LIKIYA #陣 #RIKU #神谷健太 #与那嶺瑠唯 #山本彰吾 #川村壱馬 #吉野北人 #岩谷翔吾 #浦川翔平 #藤原樹 #武知海青 #長谷川慎 #龍 #鈴木昂秀 #後藤拓磨

花岡楓士雄 川村壱馬 HIGH & L0W THE W0RST X クッション ミュージシャン 経典

花岡楓士雄 川村壱馬 HIGH & L0W THE W0RST X クッション ミュージシャン 経典

  • 3.00

    世界観が…

    アゲイン

    何故か中華街。いや、出資の関係ってのは知ってるけどね。なんでリコール社がアジアンテイストやねんって突っ込みざるをえない(笑)最近こんなんばっか。スカイフォールとか。

  • 1.00

    思った通りの失敗リメイク

    tt

    シュワちゃんのやつが面白かったからね。やっぱ超えられないね。ストーリーはだいぶ変えてるけど、それが余計に逆効果に働いて全てにおいて劣っている。

  • 5.00

    思わぬ良作に出会えた喜び

    EE2

    シュワルツェネッガーのリメイク版なのかな?つまらなかったらすぐ観るのやめよう!そう思っていたにもかかわらず、テンポの良さと近未来の交通システムの妙に圧倒され、時間の過ぎるのを忘れて見入ってしまいました。 SFやロボットが大好物なのでどハマりです。ツッコミどころもままありますが、そこは娯楽として楽しんだらいいかなと。シュワちゃんのより純粋に面白かったと思います。

  • 1.00

    記憶に残らない不必要なリメイク

    honestly speaking

    前作とは別物という意見が多く見られますが、これは別物というか前作の面白かった部分をキレイに削ぎ落としただけの作品前作を観ていない方は、是非観ていただきたい。10年、20年後も記憶に残る作品です。

  • 1.00

    この作品は評価出来ない

    バロン

    賛否両論有るけど.前作のシュワルツェネッガーの方が印象が強い.映像とかアクション良いとしても弱いし印象は残らなかった。なぜかチャイナの匂いがするし!この作品に韓国系が関わって居るみたいです。前作の方が面白い.一回で見たらもう遠慮するわ。

  • 3.00

    単なる凡作

    スカンピンボーイ

    アーノルド・シュワルツェネッガー主演映画のリメイクで、レン・ワイズマン監督の2012年の作品。「トータル・リコール」って映画はもともと好きで、映画館でも見ているし、ビデオ、DVD、TVなんか合わせると4〜5回は観ているかな。オリジナルと基本的にストーリーは変わらずだが、場面設定がオリジナルは火星であったのが、今回は地球である点でまず壮大さに欠ける。またアクションシーンを増やした分、物語としての見せ場が少なくなっておりこれも残念。後は主演俳優含め個性的な役者がいなく冴えないなあ。簡単に言っていしまえば、単なる凡作であったってところだ。

  • 5.00

    1990年作品と比べるべきではない

    Amazon Customer

    SF好きなら間違いなく楽しめます。無駄のない脚本。役者陣のすばらしい演技。没入できるCG。前作へのちりばめられたリスペクト。何度も出てくる、大切なのは今、という台詞。どこまで夢なのか、どこから現実なのか。それはどうでもいい。現実感は我々の実生活の中でも重層的に展開し、人生を織りなしていく。楽しもう、今を!強いメッセージを感じる作品でした。

  • 3.00

    それが薬味のように映画に味を付けている面も

    くにたち蟄居日記

    出張の機内で鑑賞した。 本作を見て一番思った点は30年前に作られた「ブレードランナー」がいかに先駆的な作品であったかという点だ。「ブレードランナー」と本作の原作者が同じである点はあるかもしれないが、「ブレードランナー」で描き出された未来の光景を本作も忠実に引き継いでいる。例えば、本作に見られる「東洋ムードに溢れた荒廃した未来都市」という光景は、「ブレードランナー」の映像に極めて似ている。特に中国が大国となってきた2010年代の現在としては非常にリアリティーがある。 そういった映像美は楽しめたが、映画としてはアクションシーンの連続で、ある意味ではちょっと疲れる部分もある。アクションシーンの面白さはハリウッド映画の醍醐味の一つではあるが、ごちそうも連続すると食傷することも確かだ。その意味では緩急をつけるべきだと思うし、緩急をつけない映画の作り方にはいささか疑問を感じる。例えばスターウォーズにしても戦闘シーン以外での見せ場も結構あったし、それが薬味のように映画に味を付けている面もある。特殊撮影の技術が向上したことで、逆に特殊撮影に頼りすぎる弊害もあるのではないだろうか。 そんな疑問も最後には感じた。

  • 4.00

    脚本とオリジナリティに目をつぶれば、良心的なSFアクション

    亜音宇璃頭無

    トータルリコールをリメイクという事ですが、世界も、話も、設定も全然別物になっています。前作を見ていると、ニヤリと出来る場面は、数か所あります。SFとしては、科学的設定が、矛盾どころか破綻してますし、未来のメカ類のデザインも古臭く、地雷覚悟で見に行きましたが、意外とアクション演出と、テンポが秀逸で、最後までダレずに鑑賞出来ました。センスの無さを気合でカバーしてる感じです。リメイクですが、別物で考えて下さい。ベッキンセールさんの鬼嫁ぶりは、買いだと思うので、ファンの方は是非。

  • 3.00

    サイバーパンクの味付け

    バイオニクス

    旧作版と違いより複雑なストーリーに作りこまれています。ですが世界設定の作りこみよりマッスル野郎の大味なアクション路線ではない方が新鮮でした。まぁシュワルツネッガーにこの路線の演技は向いてないので出来なかったと思うが。そして全体がサイバーパンク臭でまとめられていたのも特徴的だった。だけどCGが美しすぎて汚くないんだよねぇ。でもやっぱ雰囲気は旧作の方が好きかなぁ。大味だけどわかりやすいし爽快感もやっぱ桁違い。ストーリーをちょっと弄り過ぎたかなぁ。小難しくしすぎてる感もある。もしかしたら旧作の情報が邪魔してるのかもしれない。旧作知らないなら見ずにこの作品だけ堪能した方がいい。

花岡楓士雄 川村壱馬 HIGH & L0W THE W0RST X クッション ミュージシャン 経典