デュエマデッキ 赤青レッドゾーン デュエルマスターズ 【税込】

創立以来およそ30年、翻訳会社のシュタールジャパンは、企業および法人のお客様に質の高い翻訳を提供してまいりました。
お客様専任の経験豊富なプロジェクトチームが、ご依頼の内容を正しく分析。そのつど最適なワークフローを設計し、ご満足いただける翻訳に仕上げます。得意とする製造業や精密機械の分野をはじめ、ITや広告など業種を幅広く網羅。取扱説明書、技術文書、Webサイトコンテンツ、マーケティング関連文書など、ビジネスに不可欠な実務翻訳はシュタールジャパンにご依頼ください。

シュタールジャパンが選ばれる理由

1. 30年の実績が裏付ける高評価と高品質

およそ30年前、シュタールグループはスイスで産声をあげました。以来、順調に業績を伸ばし、今日も世界中のお客様からご愛顧いただいております。
ご要望とご期待に真摯に向き合い、お客様のビジネスの成功に少しでもお役に立ちたいとの想いは、このたび「世界の言語サービス企業ランキングトップ100」*1の不死の墓守 シヴァンリンネ 4枚 24時間以内の発送デュエマ 旧公式 ガロウズ スリーブという形で実を結びました。さらなる翻訳サービスの質の向上に精進してまいります。

*1 Common Sense Advisory発表「The Top 100 Language Service Providers:2020」

2. 世界のネットワークを駆使した多言語対応

スイスに本社を構えるシュタールグループは、ポクチンちん Bレア 4枚に拠点を持つ翻訳サービスの国際企業です。
シュタールジャパンはこのネットワークを最大限に活かし、お客様のニーズに合った翻訳をご提供します。グローバル化がいっそう加速する昨今、正しい翻訳言語の選択はビジネスの成功に欠かせません。
本社で使用しているドイツ語はもとより、世界の拠点と連携することで、イギリス英語/アメリカ英語、中国語の簡体字/繁体字はもちろんのこと、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など、使用される国や地域によって言葉の意味や文法が異なる言語も、用途や状況に合わせた訳し分けができます。
このように、きめ細かな多言語対応ができるのは、シュタールジャパンの強みの一つです。

3. 翻訳メモリシステム「Transit NXT」でコスト削減と統一性を実現

翻訳を発注する際、ご担当者様が心配されるのは品質に加え、コストとスタイルの統一性ではないでしょうか。
それならシュタールジャパンにお任せください。弊社グループが独自に開発した翻訳メモリシステム「罰怒ブランド b 20th」が解決いたします。
「Transit NXT」を使えば、過去に作成した翻訳文章をメモリとして活用し、繰り返しや類似翻訳の作業を軽減し、さらにレイアウト再現が容易になることで全体のコストを抑え、工期を短縮、さらに文書スタイルを統一することが可能です。

シュタールジャパンのサービス

翻訳

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/スペイン語/ポルトガル語/オランダ語/スウェーデン語/チェコ語/ポーランド語/ハンガリー語/ロシア語/ウクライナ語/中国語/韓国語/タイ語/インドネシア語/ベトナム語/アラビア語/他多数

シュタールジャパンはそのワールドワイドなネットワークを生かして、英語から日本語あるいは日本語から英語の翻訳だけではなく、ドイツ語、フランス語などのヨーロッパ言語から日本語への翻訳、さらに英語からその他の言語への多言語展開でお客様のグローバル展開を支援します。
また、30年以上の経験の中で、自動車、機械や精密機器、環境やアパレル、ファイナンスと幅広い分野に対応してきました。
内容もマニュアルやカタログ、ポスター、プレスリリースやオンラインヘルプなど、対応マテリアルは多岐にわたります。

詳しくはレッドゾーンバスター ドギラゴンX 4枚

通訳

人と人をつなぐサービス

シュタールジャパンの派遣通訳サービスは、翻訳のご注文をいただく中でお客様に育てていただきました。
お客様のご要望・シチュエーションにふさわしい専門知識と言語力を備えた通訳者を派遣いたします。

詳しくはジャドク丸

ケーススタディ

シュタールジャパンのこれまでの実績

お客様にご満足いただけたケーススタディをいくつかご紹介いたします。

詳しくはデュエマ デュエルマスターズ 流星のガイアッシュカイザー+α

翻訳会社シュタールジャパンのサービスや強みを説明しているページのイメージ写真です。Aとあの文字が多数重なることで多言語翻訳や可能性の広がりをイメージしています。伸びる植物のツルの絵は成長や躍進を意味しています。

デュエマデッキ 赤青レッドゾーン デュエルマスターズ 【税込】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

デュエマデッキ 赤青レッドゾーン デュエルマスターズ 【税込】

赤青レッドゾーン デュエマデッキ 【税込】

赤青レッドゾーン デュエマデッキ
プレイ用 デュエルマスターズ 即購入⭕

デュエマデッキ 赤青レッドゾーン デュエルマスターズ 【税込】

デュエマデッキ 赤青レッドゾーン デュエルマスターズ 【税込】

  • 4.00

    タイトルほどの奇跡感は無い

    Aventador

    太平洋戦線におけるサイパン島の戦いがどのようなものだったのか、ある程度正確に描けてると思う。よくある「日本軍はアメリカ軍の攻撃の前に手も足も出なかった」みたいな表現は極めて少ない。アメリカ側の主要人物も実際に日本に住んでた経験があって日本語が出来るというところもまた良し。銃器類の考証もしっかりしてるし、ラストの降伏に当たってアメリカ軍司令官に軍刀を手渡すシーンには柄にもなく少し感動した。結局当人達はやれる事をやれる限りやっただけなので奇跡と呼べるようなシーンは特に無かったけど。一つ気になったのはアメリカ軍との交渉に同席した日本人(阿部サダヲ)を裏切者として射殺した日本軍曹長(山田孝之)が逃亡してからどうしたのかが不明なまま。多分この部分はフィクションなんだろうけど。

  • 3.00

    3.5

    レレレノレ

    なんとも言い難いテンポで話は進んでいく・・ドンパチものではないのでそういうものなのか。全体的に誰目線で描いているのか、もしくは軍・民両方を一遍に描いているのか、よくわからなかった。☆3~3.5って感じで、4はない。

  • 3.00

    日本の表現の限界は超えていない・・・

    戦争映画と言えば反戦一本というのが日本の作品の特徴だと思っています。終戦後WGIP(ウオー ギルト インフォメーション プログラム)に則った政治や報道・教育が行われ、日本は侵略国、卑怯なだまし討ち、捕虜虐待、南京などでの大虐殺(そういう事実はないとも考えられます:物理的にも無理)という価値観が一方的に刷り込まれてきました。この構造(戦後レジーム)は今でも脈々と引き継がれ、周辺諸国の日本に対する不可解な高圧的な言動も、その源泉はそこに行き着きます。実際には戦争犯罪行為を受けたのは日本人の方が圧倒的に多く、資産は奪われ虐殺され、女性が多数犯された事などについては報道されることがありません。サイパン戦でも日本兵の戦死者が圧倒的に多いのは、米軍が捕虜を取らなかったからです。女性が集団で連れ去られ犯された事案などもネット検索をすれば出てきます。弾薬が無くなれば投降してもいいはずですが、米軍は認めず火炎放射器で焼き払いました。捕虜ですら虐待され殺された例は枚挙にいとまがありません。反米の心情を刷り込もうというつもりはありませんが、こういう事実を描いてこそ真相が見えてくると思います。なぜこのように長期にわたって降伏せず民間人を巻き添えにしたのかという理由も描かれていない現実の中に答えがあるはずです。アメリカとの関係にしても私達が事実を知らないと本当の意味で望ましい関係は結べないと思います。戦闘場面の描写などは随分リアリティが増してきていると思います。あとは、フラットに規制を受けることなく日本人の立場からみた大東亜戦争を総括するような映画がつくられることを望みます。本作はあくまでもこれまでの日本の置かれた立場においての表現にしかなっていません。個人的には残念に思います。

  • 2.00

    10分で見飽きるチープさ

    やすし

    主張と演者ありきで作られていて見るに堪えません。敗走して最後の攻撃を仕掛けるというのに元気で活き活きしている負傷兵、舞台の芝居ですか?撃たれる瞬間に「うわー!」「ギャー!」って、漫画ですか?極めつけに米兵がポケットから将棋の駒をいくつも出して日本人の考え方を語る。戦争にそんなもの持って行きますか?「アホらし」と思って見るのをやめました。

  • 3.00

    和解は大切だが考えておく可き事もある

    月下乃讀書人

    今回観るのは3回目です。HDで観ると日本兵の服装や兵装が綺麗過ぎて実際には如何かな、と思う部分が有りますが、其れは気にしない事にしましょう。此の作品に込められたメッセージは基本的には間違っては居ないと思いますが、同時に其れが洗練された「和解プログラム」の一つでもある事を念頭に置かれた方が良いと思います。必ずしも日本軍や日本人を否定的に描かない、寧ろ其の尊厳を肯定する「フェア」な描き方をしながらも、自らの暗い部分は極力薄めて描くという宣伝手法です(完全に隠蔽しないのがミソ)。本作の映画化に際して存命であった大場大尉は当初此の映画の作成への協力に同意せず、最終的に容認してからも具體的シナリオに關してかなり意義を唱えて居たと伝えられます。大場大尉は臥薪嘗胆しておられたからこそ、其の様な反応をされたのでしょう。此の作品の最大の欠点は其の視点が抜けて居ることでしょうね。真の勇者は恥辱に耐える忍耐力と勇気を持つ、という點では其の通りと思いますが。

  • 4.00

    原作必読

    cho

    まず、このノベライズを読んで、その後原作を読みました。そして、満を持して映画鑑賞しました。この映画のみでは、大場大尉がどんな人だったのかを描ききるのは無理だと思います。私は昔から竹野内さんのファンなので、映画の番宣もすべて見ました。(逆に、主演が竹野内さんじゃなかったら、この作品を見なかったかもしれません)番宣では、大場大尉のバックグラウンドを取材して、小説や映画だけでは知ることのなかった人柄を知ることができました。その上での映画…となれば、正直、原作よりもスケールダウンしてしまった、この作品の中の「大場大尉」でも、満足できるのかもしれません。玉砕が当たり前だった時代に、生きることを選んだ大場大尉。なぜそうなったのか、なぜそのような選択をしたのか。また、なぜ「畏敬の念をこめて」フォックスと呼ばれたのか。2時間を超える映画ですが、2時間じゃ描ききれないことが多すぎです。でも、映画というエンタメとしては、精一杯なのかもしれません。終戦間際のお話で、戦争に突入していくまでや、またサイパン戦が大場大尉にとって「初参戦」ではなかったなど、上記の「なぜ?」の答えになる背景が描かれていません。だからこそ、ぜひ原作を!忘れてはいけないのは、今の、私たち日本人は、こういった犠牲の上で存在しているということ。子供のころ、戦争に行った祖父(すでに他界)を、ただ単に「(戦争で)人を殺したことのある、ひどい人」だと思って、嫌いでした。戦後、父が生まれ、私が生まれた。そして、私たちは戦前と同じように、「日本」があり、日本人で日本語を話す。戦争はダメだけど、命がけで「日本」を守った先人たちに敬意を。ずっと誤解していた祖父には謝罪を。19歳で散った大叔父には感謝を。追記:この映画がきっかけで、大場大尉以下47名の日本兵のうち、新倉さんというかたがいまだご存命だということが分かりました。また、その後、さらに2名の方がご存命だということも分かったようです。

  • 3.00

    投降する時の軍服が綺麗すぎる

    Amazon カスタマー

    大場大尉が実際に投降した際の写真が残っている。そこはなんとなく再現されていたけど、少々違和感が残る。本作品は映画なのだからそう観ればよいのだが、ここまで話を綺麗にして良いのかね?投降したときはもっと身体も身なりもボロボロだったはずなんだけどね。

  • 3.00

    大場大尉たち47名は日章旗を掲げ、軍歌『歩兵の本領』を歌いながら行進します。

    Akiras

    歩兵の本領  作詞:加藤明勝 作曲:永井建子壱 萬朶(ばんだ)の櫻か襟の色 花は吉野に嵐吹く  大和男子(やまとおとこ)と生まれなば 散兵線(さんぺいせん)の花と散れ弐 尺餘(しゃくよ)の銃(つつ)は武器ならず 寸餘の剣何かせん  知らずやここに二千年 鍛へ鍛へし大和魂(やまとだま)参 軍旗守る武士(もののふ)は 總てその数(すう)二十万  八十餘ヶ所に屯(たむろ)して 武装は解かじ夢にだも肆 千里東西波越へて 我に仇(あだ)なす國あらば  港を出てん輸送船 暫し守れや海の人伍 敵地に一歩我踏めば 軍(いくさ)の主兵はここにあり  最後の決は我任務 騎兵砲兵協同(ちから)せよ陸 アルプス山を踏破せし 歴史は古く雪白し  奉天戦の活動(はたらき)は 日本歩兵の粋(すい)と知れ漆 携帯口糧あるならば 遠く離れて三日四日  曠野千里に亙るとも 散兵線に秩序あり捌 退く戦術我知らず 見よや歩兵の操典(そうてん)を  前進前進叉前進 肉弾とどく處まで玖 我が一軍の勝敗は 突喊最後の数分時   歩兵の威力は此処なるぞ 花散れ勇め時は今拾 あゝ勇ましき我が兵科 會心の友よ来たれいざ  共に語らん百日祭 酒盃に襟の色映し

  • 5.00

    面白かった

    iwato

    タイトルで地味に見られがちだが、中身はかなり面白かった。展開のテンポも良く、飽きずに見られる。投降すれば命の保障がないというのは事実だし、実際ここまで手厚く保護されてる例ばかりではないはず。それだからこそ、自分の身を守れるのは自分だけ、戦わなければ生き残れない。敵に捕まって辛い間に合うより一思いに死んだほうがマシと思うのも無理はない。軍人としても、生きて帰ったとしても自分の居場所があるのかという思いもわかる。生きて帰って恥を晒すより、立派に戦って死んだということにしておいた方が良いと考えるのも仕方ないだろう。その狭間で、極限状態の中で戦い抜いた大場大尉には賞賛する。ドキュメンタリーの延長としても、エンターテイメントとしてもとても面白かった。現実味がないとか言ってる人って元日本兵の方ですか?現実をどれだけ知ってるですかね?

  • 4.00

    ファンタジーとしての奇跡ではなく、生存不可能な状況下での生存と矜持

    ねむねむ寝太郎

    娯楽としての安易な奇跡ではなく、死ぬ事が正解と思われていた状況下で、民間人を守りつつ、帝国軍人の矜持を貫く事は正に実現不可能な奇跡だと思う。このような事がおおよそ事実だったのだとすると、ただ驚嘆するしかない。映画としての完成度を考えるなら、もう少し時間を取ってヒロインとの感情的(恋愛という意味ではなく)な共有ができていたら良かったかも。

デュエマデッキ 赤青レッドゾーン デュエルマスターズ 【税込】