カリフォルニア工務店 レア♡壁掛けフォト 非売品 その他 100%本物

創立以来およそ30年、翻訳会社のシュタールジャパンは、企業および法人のお客様に質の高い翻訳を提供してまいりました。
お客様専任の経験豊富なプロジェクトチームが、ご依頼の内容を正しく分析。そのつど最適なワークフローを設計し、ご満足いただける翻訳に仕上げます。得意とする製造業や精密機械の分野をはじめ、ITや広告など業種を幅広く網羅。取扱説明書、技術文書、Webサイトコンテンツ、マーケティング関連文書など、ビジネスに不可欠な実務翻訳はシュタールジャパンにご依頼ください。

シュタールジャパンが選ばれる理由

1. 30年の実績が裏付ける高評価と高品質

およそ30年前、シュタールグループはスイスで産声をあげました。以来、順調に業績を伸ばし、今日も世界中のお客様からご愛顧いただいております。
ご要望とご期待に真摯に向き合い、お客様のビジネスの成功に少しでもお役に立ちたいとの想いは、このたび「世界の言語サービス企業ランキングトップ100」*1の国産 回るバレリーナ人形 オルゴール宝石箱 花のワルツ✳︎SANKY0 光る✨12星座のオルゴール 君をのせて♪♪という形で実を結びました。さらなる翻訳サービスの質の向上に精進してまいります。

*1 Common Sense Advisory発表「The Top 100 Language Service Providers:2020」

2. 世界のネットワークを駆使した多言語対応

スイスに本社を構えるシュタールグループは、SCHMID BR0S 木製オルゴール 回転木馬に拠点を持つ翻訳サービスの国際企業です。
シュタールジャパンはこのネットワークを最大限に活かし、お客様のニーズに合った翻訳をご提供します。グローバル化がいっそう加速する昨今、正しい翻訳言語の選択はビジネスの成功に欠かせません。
本社で使用しているドイツ語はもとより、世界の拠点と連携することで、イギリス英語/アメリカ英語、中国語の簡体字/繁体字はもちろんのこと、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など、使用される国や地域によって言葉の意味や文法が異なる言語も、用途や状況に合わせた訳し分けができます。
このように、きめ細かな多言語対応ができるのは、シュタールジャパンの強みの一つです。

3. 翻訳メモリシステム「Transit NXT」でコスト削減と統一性を実現

翻訳を発注する際、ご担当者様が心配されるのは品質に加え、コストとスタイルの統一性ではないでしょうか。
それならシュタールジャパンにお任せください。弊社グループが独自に開発した翻訳メモリシステム「REUGE MUSIC・オンゴール・Switzerland」が解決いたします。
「Transit NXT」を使えば、過去に作成した翻訳文章をメモリとして活用し、繰り返しや類似翻訳の作業を軽減し、さらにレイアウト再現が容易になることで全体のコストを抑え、工期を短縮、さらに文書スタイルを統一することが可能です。

シュタールジャパンのサービス

翻訳

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/スペイン語/ポルトガル語/オランダ語/スウェーデン語/チェコ語/ポーランド語/ハンガリー語/ロシア語/ウクライナ語/中国語/韓国語/タイ語/インドネシア語/ベトナム語/アラビア語/他多数

シュタールジャパンはそのワールドワイドなネットワークを生かして、英語から日本語あるいは日本語から英語の翻訳だけではなく、ドイツ語、フランス語などのヨーロッパ言語から日本語への翻訳、さらに英語からその他の言語への多言語展開でお客様のグローバル展開を支援します。
また、30年以上の経験の中で、自動車、機械や精密機器、環境やアパレル、ファイナンスと幅広い分野に対応してきました。
内容もマニュアルやカタログ、ポスター、プレスリリースやオンラインヘルプなど、対応マテリアルは多岐にわたります。

詳しくはヴィンテージ スヌーピー オルゴール

通訳

人と人をつなぐサービス

シュタールジャパンの派遣通訳サービスは、翻訳のご注文をいただく中でお客様に育てていただきました。
お客様のご要望・シチュエーションにふさわしい専門知識と言語力を備えた通訳者を派遣いたします。

詳しくは幅28 高さ27.5 奥行き15

ケーススタディ

シュタールジャパンのこれまでの実績

お客様にご満足いただけたケーススタディをいくつかご紹介いたします。

詳しくはジュエリーボックス アンティーク ハセガワ百万人のオルゴール

翻訳会社シュタールジャパンのサービスや強みを説明しているページのイメージ写真です。Aとあの文字が多数重なることで多言語翻訳や可能性の広がりをイメージしています。伸びる植物のツルの絵は成長や躍進を意味しています。

カリフォルニア工務店 レア♡壁掛けフォト 非売品 その他 100%本物

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

カリフォルニア工務店 レア♡壁掛けフォト 非売品 その他 100%本物

カリフォルニア工務店 レア♡壁掛けフォト 非売品 100%本物

カリフォルニア工務店 レア♡壁掛けフォト 非売品
カリフォルニア工務店さんのもので 壁掛けにも床置きもできます^_^ 木でできています。 縦40 横50 フォトフレーム 絵 ビーチハウス カリフォルニア

カリフォルニア工務店 レア♡壁掛けフォト 非売品 その他 100%本物

カリフォルニア工務店 レア♡壁掛けフォト 非売品 その他 100%本物

  • 5.00

    存在感!

    大助

    「二人の女王メアリーとエリザベス」 を観てもう一度見ようと思っていた、今日観て、改めて、シアーシャローナンの存在感が凄いとおもた、最後まで引き込まれた。顔面偏差値がずば抜けて高い。脇役もベテランばかり。

  • 5.00

    迫力あり

    ヒロサト

    最後に展開が早く面白かった

  • 3.00

    ストーリー

    888

    ストーリー自体は嫌いじゃないのですが、期待した程ではなかったのが残念。もう少し丁寧に作れば良い作品だったと思います。

  • 4.00

    beg for what

    金森雄高

    夢見ながら現実を生きている。現実を生きながら夢見ている。普通の人は後者だ。前者は乞食。ハンナは前者だ。音が遠くに聞こえているような作品。彼女にとてもマッチしています。彼女に必要なのは、マジック、ミュージック、それと平安。それを彼女は手に入れられるか。彼女のために乞う。

  • 4.00

    ハンナがかわいい

    mark*

    この手の映画は多く作られてきたと思うが,主人公のハンナが幼気(いたいけ)でいい子でかわいい。 ハンナを乗せる旅行中の一家の娘も,素直に現代的で普通でいい。 ハンナを見るための映画。しかし,CIAに復讐しようとする映画・小説は本当に山ほどあるが,この1/100でも真実なら,CIA なんて潰した方がいいのではないかと思ってしまう。

  • 1.00

    なんだか!

    ファンファン

    これTVドラマの方が良い。早く次シーズンが見たい:red_exclamation_mark:

  • 1.00

    家を出る場面がクライマックス

    散歩に行こう

    父親が都会で娘との関係をどうしようと考えていたのか謎のままだし、娘は最後まで状況に流されて場当たり的な行動を繰り返し、典型的な悪役CIAは、ハンナをどうしたかのヴィジョンが見えない監督の頭の中では、うまく組み合わさって物語になっているのかもしれないが、見ている方には一切伝わってこない

  • 1.00

    つまらん

    M

    シナリオが悪いのか、見所が何もない。欠伸がでる。

  • 1.00

    何かと残念な映画

    ゴンゴン

    一人の美少女が人里離れた所で、幼少期より格闘の英才教育を受けて・・等の設定は面白いのに、その後の流れや展開がグダグダですし、アクションシーンがイマイチでした。特にエリックのアクションシーンは何だこれレベル。悪役の主要人物も、あまりにもあっけなく死に過ぎて、少し笑えた程です。全体的に、最初に色々詰込み過ぎたのか、終盤に近づく程にストーリーが薄っぺらくなっていった印象を受けました。あと、最初から最後まで凄く気になったのが、無駄にうるさい効果音や劇中の音楽。少しでも臨場感を出す為の演出でしょうが、とても耳障りでした。

  • 4.00

    シアーシャ・ローナンの魅力

    案山子

    この作品の Blu−ray もDVDとの抱き合わせ販売ではないので迷わずに購入。「つぐない」や「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナンが16歳の「暗殺者」を演じるというので手元に届くのを楽しみにしていた。  作品そのものは思っていたよりも地味。遺伝子操作で生み出されたというハンナの超人ぶりをアメコミ的に描かなかった点には物足りなさも感じるが、作り手がリアリティを求めていたことも理解できるし、そのためにかえってシアーシャ・ローナンの魅力が十分に発揮されたともいえる。しかし、何のために彼女がフィンランドの森を出てベルリンに向かい、あえてCIAの殺し屋たちの前に姿をさらさねばならなかったのかが伝わりづらく、CIAの殺し屋たちのハンナ追跡劇も一方的なものに映ってしまった。ハンナが世間に出て生きるためには、みずからの出生の秘密を握るCIAのマリッサ(ケイト・ブランシェット)を殺さねばならないわけで、彼女に追われながらも彼女の命を執拗に狙うという展開であれば「ボーン・アイデンティティー」シリーズのような緊迫感も出たはず。ケイト・ブランシェットは「クリスタル・スカルの王国」のイリーナよりも怖かったのだが、彼女1人だけではCIAという組織の怖さまでは描ききれない。一方、フィンランド、モロッコ、スペイン、ベルリンという背景の活かし方は巧いし、その中にいる美少女シアーシャ・ローナンも一幅の絵のように見事にはまっている。ハデなアクションを期待した人は肩すかしを食らうかもしれないが、作品全体の雰囲気としては合格点。

カリフォルニア工務店 レア♡壁掛けフォト 非売品 その他 100%本物