中国景徳鎮 吉祥孔雀富貴図皿 スタンド付き 装飾品 置物 お皿 置物 高価値

創立以来およそ30年、翻訳会社のシュタールジャパンは、企業および法人のお客様に質の高い翻訳を提供してまいりました。
お客様専任の経験豊富なプロジェクトチームが、ご依頼の内容を正しく分析。そのつど最適なワークフローを設計し、ご満足いただける翻訳に仕上げます。得意とする製造業や精密機械の分野をはじめ、ITや広告など業種を幅広く網羅。取扱説明書、技術文書、Webサイトコンテンツ、マーケティング関連文書など、ビジネスに不可欠な実務翻訳はシュタールジャパンにご依頼ください。

シュタールジャパンが選ばれる理由

1. 30年の実績が裏付ける高評価と高品質

およそ30年前、シュタールグループはスイスで産声をあげました。以来、順調に業績を伸ばし、今日も世界中のお客様からご愛顧いただいております。
ご要望とご期待に真摯に向き合い、お客様のビジネスの成功に少しでもお役に立ちたいとの想いは、このたび「世界の言語サービス企業ランキングトップ100」*1の大サイズ✨【マイナスイオンの石】アパタイト(燐灰石) ラフストーン 原石光源氏 真多呂人形? 首かしげという形で実を結びました。さらなる翻訳サービスの質の向上に精進してまいります。

*1 Common Sense Advisory発表「The Top 100 Language Service Providers:2020」

2. 世界のネットワークを駆使した多言語対応

スイスに本社を構えるシュタールグループは、九谷焼 大吉 獅子 2体に拠点を持つ翻訳サービスの国際企業です。
シュタールジャパンはこのネットワークを最大限に活かし、お客様のニーズに合った翻訳をご提供します。グローバル化がいっそう加速する昨今、正しい翻訳言語の選択はビジネスの成功に欠かせません。
本社で使用しているドイツ語はもとより、世界の拠点と連携することで、イギリス英語/アメリカ英語、中国語の簡体字/繁体字はもちろんのこと、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など、使用される国や地域によって言葉の意味や文法が異なる言語も、用途や状況に合わせた訳し分けができます。
このように、きめ細かな多言語対応ができるのは、シュタールジャパンの強みの一つです。

3. 翻訳メモリシステム「Transit NXT」でコスト削減と統一性を実現

翻訳を発注する際、ご担当者様が心配されるのは品質に加え、コストとスタイルの統一性ではないでしょうか。
それならシュタールジャパンにお任せください。弊社グループが独自に開発した翻訳メモリシステム「英国ビンテージ BESWICK社 陶器フィギュリン ラフ・コリー」が解決いたします。
「Transit NXT」を使えば、過去に作成した翻訳文章をメモリとして活用し、繰り返しや類似翻訳の作業を軽減し、さらにレイアウト再現が容易になることで全体のコストを抑え、工期を短縮、さらに文書スタイルを統一することが可能です。

シュタールジャパンのサービス

翻訳

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/スペイン語/ポルトガル語/オランダ語/スウェーデン語/チェコ語/ポーランド語/ハンガリー語/ロシア語/ウクライナ語/中国語/韓国語/タイ語/インドネシア語/ベトナム語/アラビア語/他多数

シュタールジャパンはそのワールドワイドなネットワークを生かして、英語から日本語あるいは日本語から英語の翻訳だけではなく、ドイツ語、フランス語などのヨーロッパ言語から日本語への翻訳、さらに英語からその他の言語への多言語展開でお客様のグローバル展開を支援します。
また、30年以上の経験の中で、自動車、機械や精密機器、環境やアパレル、ファイナンスと幅広い分野に対応してきました。
内容もマニュアルやカタログ、ポスター、プレスリリースやオンラインヘルプなど、対応マテリアルは多岐にわたります。

詳しくはスワロフスキー SWAR0VSKI 置物 ☆ニワトリ親子ペア☆廃盤品

通訳

人と人をつなぐサービス

シュタールジャパンの派遣通訳サービスは、翻訳のご注文をいただく中でお客様に育てていただきました。
お客様のご要望・シチュエーションにふさわしい専門知識と言語力を備えた通訳者を派遣いたします。

詳しくはロンボクロング(木彫)【ご購入確認=即発送】

ケーススタディ

シュタールジャパンのこれまでの実績

お客様にご満足いただけたケーススタディをいくつかご紹介いたします。

詳しくはホームリビング、寝室装飾、セラミックツバメ魚置物1対9

翻訳会社シュタールジャパンのサービスや強みを説明しているページのイメージ写真です。Aとあの文字が多数重なることで多言語翻訳や可能性の広がりをイメージしています。伸びる植物のツルの絵は成長や躍進を意味しています。

中国景徳鎮 吉祥孔雀富貴図皿 お皿 置物 装飾品 スタンド付き 高価値

中国景徳鎮 吉祥孔雀富貴図皿 お皿 置物 装飾品 スタンド付き
直径約26CM 画像をご確認していただき、ご理解ご納得の上ご購入をよろしくお願い致します。 ★経年の経過したものです。写真を見てご判 断納得の上ご購入をお願い致します。 神経質な方はご遠慮ください☆ 古いものですので、その点ご理解いただける方に。 中華茶器 中華食器。 中華皿。 中華碗。 景德镇 明代 清代 大清 茶器, 乾隆年 大明成化年製 中国 茶器 景徳鎮 セット 食器 茶具 茶碗 ご不明点があればコメントよろしくお願いいたします。 景徳鎮 #骨董 #アンティーク #手描き

中国景徳鎮 吉祥孔雀富貴図皿 スタンド付き 装飾品 置物 お皿 置物 高価値

中国景徳鎮 吉祥孔雀富貴図皿 スタンド付き 装飾品 置物 お皿 置物 高価値

中国景徳鎮 吉祥孔雀富貴図皿 スタンド付き 装飾品 置物 お皿 置物 高価値

  • 5.00

    暴落時のカタルシス

    ブリックス

    文句なしに面白い。金融商品を複雑にしすぎてもう自分たちですら何を売ってるのか分からないものを多額で売りつけ豪遊する、責任感がなく強欲なウォール街に対して、CDS(特定のの債権が暴落した時に多額の保証金をもらえるというオプション)を購入することで、自分たちの正義を貫いた人達を、テンポの良く、わかりやすく描写していきます。後から見れば、こんなの破綻するに決まってる!と簡単に言えるサブプライム問題ですが、当時これを見抜くのはかなり至難の技で、実際にマイケルは証券会社から馬鹿にされてます。そこから次第に危機感が募っていき、最後はウォール街の連中に一矢報いる様相にはカタルシスがあり、金融知識がなくても十分に映画として楽しめます。とはいえ、前提知識があれば、いかに投資銀行が悪どいことしていたかよくわかるので、このサイトで予習をオススメしますhttps://filmaga.filmarks.com/articles/646/%E8%A6%B3%E3%82%8B%E5%89%8D%E3%81%AB%E3%81%93%E3%82%8C%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%8E%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%8F%E3%81%8C%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A8%E9%9D%A2%E7%99%BD%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%EF%BC%815%E3%81%A4%E3%81%AE%E7%B5%8C%E6%B8%88%E7%94%A8%E8%AA%9E

  • 4.00

    金融破綻を簡潔に描いている

    kazo

    NHK特集に「マネー革命」というのがありました。そこで、相田プロデューサーが最後に言っていた言葉で、日本の金融業につく人たちは海外の同業者に負けないようにしっかりとしなければならないと言っていたのが、記憶に残っています。この番組は金融破綻の大分前に放送されたものですが、金融業界がなんか大変な状況になっているということをいち早く紹介していたように思います。数学の知識がなければ分からないような金融商品を作って、それをあたかも優良なものであるかのようにして販売して利益を上げる、正に詐欺商法の典型なのに結局大物は誰も法的に罰せられず、生き延びて、今でも金融業界で仕事をしています。この映画の最後でまた新たなデリバティブ商品が発売されたとして終わっています。また破綻が起きるのではないかと暗に投げかけているようで不気味です。1929年の大恐慌もアメリカで、今回もまたアメリカでした。2度あることは3度あるといいます。次回も公的資金を投入して、チャラにするのでしょうか。世界の大量破壊兵器を持っているのはイラクではなくアメリカそのものではないでしょうか。そんなふうに思えて仕方がありません。

  • 3.00

    華麗ではないし、大逆転でもない感じ。

    soundline

    正直「華麗なる大逆転」というサブタイトルには疑問があるが、物語としては引き込まれた。ストーリー中に説明が織り交ぜてはあるが、株や債券などの予備知識がある人じゃないとちょっと付いていけない部分があるかもしれない。

  • 5.00

    実録サブプライムローン危機

    miroslav

    邦題がメイン・サブともおかしいせいで損をしているが、世界的を巻き込んだ金融危機の現場を描いた映画として、見ごたえがあった。

  • 5.00

    引き込まれる面白さ

    Amazon カスタマー

    サブプライム危機とはこういうことだったのかと、改めて理解できた。最近観た金融系の映画では一番お気に入りです。

  • 5.00

    経済やリアリティが好きな人に観て欲しい。

    かくに

    面白かった。山あり谷ありをわかりやすく鮮烈に観れた。

  • 5.00

    メインテーマは自国の債券市場崩壊に賭けた市場参加者の虚しさです

    Sun East

    金融機関に勤務していたのでリーマン・ショックの記憶は残っている。しかし、日本の金融機関への直接的な影響はさほどでもなかった。 世界的な株安で日本でも深刻な不況に陥り派遣切りなどの問題が発生したが、バタバタと日本の金融機関が破綻したということは無かったからだ。1990年代後半のバブル崩壊による金融危機とは様相が違っていた。 キャッチコピーに「世紀のカラ売り」とあるが、観た限り「カラ売り取引」はない。カラ売りと同じ効果のある仕組債を買った男たちが最後に売りに出たというお話である。華麗ではなく半ば泣きながら売ったのだろう。 この映画を楽しむには、①「サブプライム・ローン」➁「MBS(モーゲージ債)」➂「CDO(債務担保証券)」④「CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)」を少しなりとも理解する必要があるだろう。① プライムローンより信用度の低い(金利が高い。低所得者向け)住宅ローンのことで、焦げ付きが徐々に増えてきていた。当時の米国では建物の価格下落が想定できないほど活況にあり、住宅を売ればローンは返済可能とみて殆ど無審査状態でローンが実行されていた。不動産業者やローン会社はここから多額の収益を得ていた。➁ 金融機関がローンを市場に売却すために①を証券化したもの。住宅ローン会社はローン資産を抱えていると自己資本比率が低下するし銀行借り入れなどの金利負担も大きい。また、収益実現が数十年の長期にわたるので、将来手に入る金利収入を手数料収入に代えて売却し資産勘定から落としてしまうことができる。➂ 様々な➁に他の高リスクMBSを混ぜてより高金利化した商品④ ➂が債務不履行になったときにこの返済を保証するスワップ契約で実質的にCDOをカラ売りする効果がある(MBSやCDOが将来暴落すると予測してCDSを買う)。 実は➁と③に絡んでもう一つの爆弾があった。信用度の低いローンの集まりであるMBSが高格付けを得ていた理由に信用度の高い保険会社、例えばAIGのような巨大保険会社が裏保証を与えていたということがある。さらにAIGはゴールドマンからCDS(売り手)の譲渡を受けていた(マイケルの相手側の立場にたったということで、結局ゴールドマンは損失をAIGに付け替えることが出来た)。 また、大手格付け会社2社(S&Pとムーディーズ)の睨み合いで格付けは最高位AAAに維持されたままであった。格付け維持のために金が支払われていたという。 大元のローン債権の証券化、それに付随する裏保証の証券化、さらにこれらの混合債権の証券化等々で、もはや何がどんな仕組みにビルトインされているのか分からないまま高利回りの商品が根拠のないAAA格付けを得て米債券市場に出回っていたのである。親亀、子亀、孫亀どころではなく親戚亀も友達亀も巻き込まれていたのだ。 CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)のような商品は日本の株式市場でも買うことが出来る。具体的には書けないが、日経平均とは真逆の値動きをする商品だ。もちろんヘッジ目的で買う人が多い。金融工学の進んだ現代のアメリカ市場では一定の資格があれば相場観をもって自由に商品を作り販売することが出来る。 この映画でマイケルは破綻リスクの高いMBSに狙いをつけてゴールドマン・サックスに商品企画を持ち込み、自分宛てにCDS商品を売らせたのである。商品内容から察するに、これはゴールドマンにとって「プットオプション(売る権利)の売り」だろう。マイケルはゴールドマンにオプション料(保険料)を毎月払いながらMBS市場暴落のチャンスを待ったのである。ゴールドマンにとっては馬鹿げた前提で多額の商品を買い、毎月多額のオプション料を支払う男が現れたのだから実際に笑いが止まらなかっただろう。しかもゴールドマンは仲介手数料稼ぎにCDS(売り)をAIGに譲渡していた。「プットオプション(売る権利)の売り」はクズになった株式や債券の元本を丸ごと補償するというオプションのディールでは最もリスクの高い取引だ。この市場崩壊で名門投資銀行リーマンブラザーズは破綻し、モルガン・スタンレーは三菱UFJの支援を受けた。抜け目ないゴールドマンは大物投資家ウォーレン・バフェットの支援で生き延びた。実質破綻したAIGは米国政府が救済した。 映画は面白かった。コミカルな用語解説もごく初歩的に挿入されていて少しは理解の助けになったのではないだろうか。クリスチャン・ベールの正義感に燃えた神経質な「偽善者」は良かったと思う。ライアン・ゴズリングは地の演技なのだろうか?ブラッド・ピットの使い方がどうかなぁ、というかこの役は彼じゃなくてはいけなかったのだろうか?  エンドロールのバックにレッド・ツェッペリンの「When The Levee Breaks(堤防が決壊するとき)」が流れる。歌詞を読むとまるでこの崩壊を予言したかのような内容だ。「シカゴに行っても仕事は無い」が泣かせる。興味のある方はどうぞ。

  • 5.00

    金融業界の懲りない腐敗ぶり、あるいは「必要悪」ぶりを突きつける作品 しかし邦題がひどい

    Rosefish

    例によって意味不明かつゲスな邦題には呆れました。なにが『華麗なる大逆転』なんですか。この話のどこが華麗なんですか。これじゃ、ほとんどの人が「また『オーシャンズ11』みたいな詐欺師の話にブラピも出てるのか」と思うでしょう。『マネー・ショート』も意味不明なカタカナ語だし。

  • 5.00

    これぞ投資家の生きざま

    スー

    リーマンショックの時を舞台にした映画。誰もが疑わない中、自分の考えを貫く。明らかにおかしいのに何故か変わらない市場価値。。その描写がグサグサ来ます。

  • 5.00

    リーマンショックの背景やその中でどうやって数1000億円儲けたのかがわかる

    五十嵐 学

    リーマンショックの中で大成功した男達を描いた 金融の勉強にもなる映画です。リーマンショックの背景やどうやって儲けたのかがわかります。人からバカにされても信念を貫く大切さを学べました。写真右端のキャラがブラピでしかも本映画のプロデューサーなのは驚きでした。

中国景徳鎮 吉祥孔雀富貴図皿 スタンド付き 装飾品 置物 お皿 置物 高価値

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

中国景徳鎮 吉祥孔雀富貴図皿 スタンド付き 装飾品 置物 お皿 置物 高価値