フジクラ スピーダー5 661X クラブ 【超特価SALE開催!】

創立以来およそ30年、翻訳会社のシュタールジャパンは、企業および法人のお客様に質の高い翻訳を提供してまいりました。
お客様専任の経験豊富なプロジェクトチームが、ご依頼の内容を正しく分析。そのつど最適なワークフローを設計し、ご満足いただける翻訳に仕上げます。得意とする製造業や精密機械の分野をはじめ、ITや広告など業種を幅広く網羅。取扱説明書、技術文書、Webサイトコンテンツ、マーケティング関連文書など、ビジネスに不可欠な実務翻訳はシュタールジャパンにご依頼ください。

シュタールジャパンが選ばれる理由

1. 30年の実績が裏付ける高評価と高品質

およそ30年前、シュタールグループはスイスで産声をあげました。以来、順調に業績を伸ばし、今日も世界中のお客様からご愛顧いただいております。
ご要望とご期待に真摯に向き合い、お客様のビジネスの成功に少しでもお役に立ちたいとの想いは、このたび「世界の言語サービス企業ランキングトップ100」*1のはー様専用T0ur AD MJ 7X 3W ツアーADという形で実を結びました。さらなる翻訳サービスの質の向上に精進してまいります。

*1 Common Sense Advisory発表「The Top 100 Language Service Providers:2020」

2. 世界のネットワークを駆使した多言語対応

スイスに本社を構えるシュタールグループは、タイトリストT200 5アイアン MCI90に拠点を持つ翻訳サービスの国際企業です。
シュタールジャパンはこのネットワークを最大限に活かし、お客様のニーズに合った翻訳をご提供します。グローバル化がいっそう加速する昨今、正しい翻訳言語の選択はビジネスの成功に欠かせません。
本社で使用しているドイツ語はもとより、世界の拠点と連携することで、イギリス英語/アメリカ英語、中国語の簡体字/繁体字はもちろんのこと、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など、使用される国や地域によって言葉の意味や文法が異なる言語も、用途や状況に合わせた訳し分けができます。
このように、きめ細かな多言語対応ができるのは、シュタールジャパンの強みの一つです。

3. 翻訳メモリシステム「Transit NXT」でコスト削減と統一性を実現

翻訳を発注する際、ご担当者様が心配されるのは品質に加え、コストとスタイルの統一性ではないでしょうか。
それならシュタールジャパンにお任せください。弊社グループが独自に開発した翻訳メモリシステム「3W キャロウェイ レディース XR15 フェアウェイ W0mens」が解決いたします。
「Transit NXT」を使えば、過去に作成した翻訳文章をメモリとして活用し、繰り返しや類似翻訳の作業を軽減し、さらにレイアウト再現が容易になることで全体のコストを抑え、工期を短縮、さらに文書スタイルを統一することが可能です。

シュタールジャパンのサービス

翻訳

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/スペイン語/ポルトガル語/オランダ語/スウェーデン語/チェコ語/ポーランド語/ハンガリー語/ロシア語/ウクライナ語/中国語/韓国語/タイ語/インドネシア語/ベトナム語/アラビア語/他多数

シュタールジャパンはそのワールドワイドなネットワークを生かして、英語から日本語あるいは日本語から英語の翻訳だけではなく、ドイツ語、フランス語などのヨーロッパ言語から日本語への翻訳、さらに英語からその他の言語への多言語展開でお客様のグローバル展開を支援します。
また、30年以上の経験の中で、自動車、機械や精密機器、環境やアパレル、ファイナンスと幅広い分野に対応してきました。
内容もマニュアルやカタログ、ポスター、プレスリリースやオンラインヘルプなど、対応マテリアルは多岐にわたります。

詳しくは【ピン】アッタス11 ATTAS11 スリーブ シャフト

通訳

人と人をつなぐサービス

シュタールジャパンの派遣通訳サービスは、翻訳のご注文をいただく中でお客様に育てていただきました。
お客様のご要望・シチュエーションにふさわしい専門知識と言語力を備えた通訳者を派遣いたします。

詳しくはタイトリスト TS3 ドライバー 10.5度 ヘッドのみ ヘッドカバー 他付属品

ケーススタディ

シュタールジャパンのこれまでの実績

お客様にご満足いただけたケーススタディをいくつかご紹介いたします。

詳しくはタイトリストSM9

翻訳会社シュタールジャパンのサービスや強みを説明しているページのイメージ写真です。Aとあの文字が多数重なることで多言語翻訳や可能性の広がりをイメージしています。伸びる植物のツルの絵は成長や躍進を意味しています。

フジクラ スピーダー5 661X クラブ 【超特価SALE開催!】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

フジクラ スピーダー5 661X クラブ 【超特価SALE開催!】

フジクラ スピーダー5 661X 【超特価SALE開催!】

フジクラ スピーダー5    661X
フジクラ スピーダー5  661X テーラーメイドスリーブ付き ヘッド装着時44.75インチ イオミックグリップ装着

フジクラ スピーダー5 661X クラブ 【超特価SALE開催!】

フジクラ スピーダー5 661X クラブ 【超特価SALE開催!】

  • 5.00

    志村喬の凄さ

    麻婆定食

    黒澤作品の中で最もお気に入りの一つです。主人公はどこにでもいる平凡なおっさん。しかし、苦しみ、もがきながらも前進していく様を志村喬が渾身の演技で体現します。感動作であると同時にブラックな笑いも散りばめてある所が黒澤の凄さですね。中盤のハッピーバースデーのシーンはいつ見ても涙が出そうになります。志村喬の魂の叫びを感じてください。

  • 5.00

    昔の映画だと舐めたら大間違い

    シュン

    もちろん黒澤明監督がすごい人物だとは知っていましたが、あくまで昔の映画監督という印象でした。作品も観たことありません。そんな調子でだまされたと思って作品を見ましたが、私が間違いでした。格が違います。映像が古くてもここまで心情に訴えかける映画があるとは正直驚きです。私もですが、世の中が嫌になったとき、なんか人を信用できなくなったときにぜひ観てほしい。私は少し救われた気持ちになりました。

  • 5.00

    いかに生きるか?

    かなおくん

    癌といえば即、死の宣告だった時代と今とでは病気の様相も様変わりしていますが、それでもなお自分が重病にかかったとき、どう立ち向かうか、という問いかけをこの作品はしてくれていると思います。ただ、もうひとつの問いかけは、毎日毎日を必死で、全力を尽くして生きているかどうか、という問いだと思います。自分にとっての戒めですが、癌を知った主人公が初めて仕事に目覚めてからのように、「後がない」つもりで必死で生きなければならない、という問いかけを作品を通じて感じます。不器用で、落ち込みやすく、仕事を長年やってきてもあまり目立った実績のない自分にとっては、(もちろん程度問題だとは思いますし、周りとの協調性も重要ですが)この作品の問いかけを真摯に受け止めて、全力で生きていかなければならないと思います。そんな肩肘張らずに、とおっしゃる向きもおありかもしれませんが、人はいつ死ぬかわからないので、、、

  • 4.00

    名画といわれている理由はわかった。

    be3osaka

    高い評価が与えられてることは知っていました。ストーリーもおおよそのことはわかっていました。結果は、期待したとおり★5つになるのですが、期待を若干裏切られた気がするので四つとしました。観た後で考えたことは、映画は白紙に近い状態で観るのが理想ではないかということです。ただし、名画といわれる理由はわかった気がしました。

  • 5.00

    人間の心を真摯且つ慢心なく表現した作品

    64ナンバーゼロ

    舞台は古臭いものの、登場人物は今でもどこにでもいる人々ばかりです。自分の仕事しかしないのに、縄張り意識の強い役人。保身と利益が第一。口が達者で恥知らずな権力者。無自覚なたかりの身内。人情と恩義と子供を大切にする母親たち。「生きている」とは言えなかった主人公。半世紀以上前の作品に感動できるのを喜ぶべきか、日本人が半世紀以上も変わらないのを嘆くべきか、複雑な面がありますけれど、本作は人間の心を真摯且つ慢心なく表現した作品であり、モノクロ映画でありながら、鮮やかな輝きを放つ逸品なのは間違いありません。

  • 5.00

    私の人生観を変えた映画

    鈴木敦雄

    もう40年近く前、大学2年のドイツ語の時間に、先生が黒澤明監督の「生きる」という映画の話をしたのに興味を持って、映画館で見た。 我々は、日常の生活に埋没し、毎日上司の命令に従って仕事をして、上司の譴責に耐え、家族のためにと、いやいやながら仕事をして齢を重ねてゆく。そうした生き方を黒澤は否定する。 たとえ組織で何と言われようが、自らの信念に従って、自分の責任で新しい仕事を行い、結果として世の中の人々に喜ばれる仕事をする。それこそが人間として生きるということだ。この映画を見ると、そんな黒澤のメッセージが伝わってくる。 黒澤の映画は、時として、見る人の人生観や生き方を変えてしまう程の力を持つ。映画の最後。自分の作った公園のブランコに乗って、「いのち短かし、恋せよ乙女・・」とゴンドラの唄を歌う渡辺課長の最後の姿に涙した、学生時代を覚えている。 社会に役立っ仕事をして、多くの人々に喜んで貰える仕事をすることにこそ、人間の最高の幸せがある。この思想こそ、この映画を見た人に黒澤が伝えたかったメッセージだと私は思う。

  • 5.00

    昭和の黒澤映画にふれることができました

    Shuusuke

    昭和、というより戦後(昭和20年代)の市役所。当時の様子がよくわかります。こんな環境で、組織で働いていたんだなと感じるところがありました。その中で見られる人間模様、そして脚本、俳優の演技力の凄さを堪能できます。

  • 5.00

    流石に名作だけあります

    ニック

    「老い」がメインテーマで、いわゆる”お役所仕事”に対する辛辣な批判がサブテーマになっている。ついさっきまで項垂れていた主人公が、部下の若い女性と出会って急に心踊るような楽しい時間を過ごすシーンが印象的だな。本当に楽しそうで活き活きしてる。人生やる気があれば、何でも出来るってことなんでしょうね。そこまで自分にできるかなぁ、、、

  • 4.00

    主人公の必死な姿勢にウルっと来ます

    イレワンチ

    この映画は黒澤監督自身が、「自分が、今、死んだらと考えたら、とても受け入れられない、まだ、やる事が沢山あると思った」というのが原点だと書いておられました市役所の市民課長・渡辺勘治が雪の公園のブランコに揺られて「ゴンドラの唄」を歌っているのは、限られた命で、目的をやり遂げた、思い残しの無い姿です末期の胃癌を知った彼が、何もないままに終わろとしている自分の人生を意味のあるものにするために、治水を兼ねた公園作りに余命をかけて完成させ、達成感のうちに消えて行くこの姿は震える美しさを覚えます七人の侍の頼もしいリーダーである官兵衛とは違う志村喬さんの演じたどこにでもいるようなおじさんが、死を前に必死に生きる姿に引き込まれてゆきます

  • 5.00

    ヒューマニムズを題材とした黒澤映画の中では一番の傑作~志村喬の「ゴンドラの唄」のシーンは忘れ難い

    紫陽花

    ヒューマニムズを題材とした黒澤映画の中では一番の傑作だと思う。主人公の公務員(志村喬)の葬儀のシーン(黒澤映画ではお馴染みの藤原釜足も登場する)から始まって、以下、回想シーンに移るという構成の妙もさる事ながら、本作の素晴らしさは、タイトル通り、「生きる」事の意義を死期を悟った定年近くの公務員の生き方を通じて真摯に描いた点にあると思う。事なかれ主義で、無為に平々凡々と生きて来た一公務員が、死期を悟った事によって、市民のために何か出来る事はないかと懸命に努力する姿は現代にも通じるものがある。死期を悟る事によって生き甲斐を見つけるとは皮肉めいているが、生き甲斐を見つけるためには年齢あるいはキッカケなど関係ないというメッセージでもある。主人公が選んだのは小さな公園の造営だが、勿論、生き甲斐は人それぞれによって様々であろう。本作ではやはり志村喬の好演が光る。死期を悟ったら、自暴自棄に陥っても不思議ではないが、志村喬の実直性が本作全体に説得力を与えている。特に、志村喬が自身が造営した公園のブランコで「ゴンドラの唄」(「命~短し 恋せよ 乙女」)と口ずさむシーンは忘れ難い。若い方が観ても感動を覚えると思うが、年齢を重ねるに伴いその重みが増す作品だと思う。

フジクラ スピーダー5 661X クラブ 【超特価SALE開催!】