モックネックスウェット 坂口健太郎さん着用 essay スウェット 【60%OFF】

創立以来およそ30年、翻訳会社のシュタールジャパンは、企業および法人のお客様に質の高い翻訳を提供してまいりました。
お客様専任の経験豊富なプロジェクトチームが、ご依頼の内容を正しく分析。そのつど最適なワークフローを設計し、ご満足いただける翻訳に仕上げます。得意とする製造業や精密機械の分野をはじめ、ITや広告など業種を幅広く網羅。取扱説明書、技術文書、Webサイトコンテンツ、マーケティング関連文書など、ビジネスに不可欠な実務翻訳はシュタールジャパンにご依頼ください。

シュタールジャパンが選ばれる理由

1. 30年の実績が裏付ける高評価と高品質

およそ30年前、シュタールグループはスイスで産声をあげました。以来、順調に業績を伸ばし、今日も世界中のお客様からご愛顧いただいております。
ご要望とご期待に真摯に向き合い、お客様のビジネスの成功に少しでもお役に立ちたいとの想いは、このたび「世界の言語サービス企業ランキングトップ100」*1のシュプリーム ハーフジップ ジャケット ロゴ サイズS カナダ製 15AW 15windandsea スウェット ワッペンという形で実を結びました。さらなる翻訳サービスの質の向上に精進してまいります。

*1 Common Sense Advisory発表「The Top 100 Language Service Providers:2020」

2. 世界のネットワークを駆使した多言語対応

スイスに本社を構えるシュタールグループは、stussy ステューシー スウェット グレー 極美品 両面プリント XLに拠点を持つ翻訳サービスの国際企業です。
シュタールジャパンはこのネットワークを最大限に活かし、お客様のニーズに合った翻訳をご提供します。グローバル化がいっそう加速する昨今、正しい翻訳言語の選択はビジネスの成功に欠かせません。
本社で使用しているドイツ語はもとより、世界の拠点と連携することで、イギリス英語/アメリカ英語、中国語の簡体字/繁体字はもちろんのこと、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など、使用される国や地域によって言葉の意味や文法が異なる言語も、用途や状況に合わせた訳し分けができます。
このように、きめ細かな多言語対応ができるのは、シュタールジャパンの強みの一つです。

3. 翻訳メモリシステム「Transit NXT」でコスト削減と統一性を実現

翻訳を発注する際、ご担当者様が心配されるのは品質に加え、コストとスタイルの統一性ではないでしょうか。
それならシュタールジャパンにお任せください。弊社グループが独自に開発した翻訳メモリシステム「underc0ver cha0s スウェット ネイビー 4 j0ni0着」が解決いたします。
「Transit NXT」を使えば、過去に作成した翻訳文章をメモリとして活用し、繰り返しや類似翻訳の作業を軽減し、さらにレイアウト再現が容易になることで全体のコストを抑え、工期を短縮、さらに文書スタイルを統一することが可能です。

シュタールジャパンのサービス

翻訳

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/スペイン語/ポルトガル語/オランダ語/スウェーデン語/チェコ語/ポーランド語/ハンガリー語/ロシア語/ウクライナ語/中国語/韓国語/タイ語/インドネシア語/ベトナム語/アラビア語/他多数

シュタールジャパンはそのワールドワイドなネットワークを生かして、英語から日本語あるいは日本語から英語の翻訳だけではなく、ドイツ語、フランス語などのヨーロッパ言語から日本語への翻訳、さらに英語からその他の言語への多言語展開でお客様のグローバル展開を支援します。
また、30年以上の経験の中で、自動車、機械や精密機器、環境やアパレル、ファイナンスと幅広い分野に対応してきました。
内容もマニュアルやカタログ、ポスター、プレスリリースやオンラインヘルプなど、対応マテリアルは多岐にわたります。

詳しくはYALEイエール大学/ビンテージ/00s/チャンピオン/ネイビー/トレーナー

通訳

人と人をつなぐサービス

シュタールジャパンの派遣通訳サービスは、翻訳のご注文をいただく中でお客様に育てていただきました。
お客様のご要望・シチュエーションにふさわしい専門知識と言語力を備えた通訳者を派遣いたします。

詳しくはstussy nike スウェット

ケーススタディ

シュタールジャパンのこれまでの実績

お客様にご満足いただけたケーススタディをいくつかご紹介いたします。

詳しくは90s USA製 チャンピオン リバースウィーブ 刺繍 スウェット クリーム L

翻訳会社シュタールジャパンのサービスや強みを説明しているページのイメージ写真です。Aとあの文字が多数重なることで多言語翻訳や可能性の広がりをイメージしています。伸びる植物のツルの絵は成長や躍進を意味しています。

モックネックスウェット 坂口健太郎さん着用 essay スウェット 【60%OFF】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

モックネックスウェット 坂口健太郎さん着用 essay スウェット 【60%OFF】

坂口健太郎さん着用 essay モックネックスウェット 【60%OFF】

坂口健太郎さん着用 essay モックネックスウェット
ESSAY BIG M0C-NECK SWEATSHIRT 坂口健太郎さんが着用されていた、essayのモックネックのスウェットです。 サイズはゴールデンサイズのM。 定価は35,000円ぐらいだったと思います。 かなり上質な光沢感・ハリのある素材です。 サイズはMですが、 173cm細身が着てかなりオーバーサイズになっています。 「着込むほど雰囲気が増す」という売り文句の通り、 良いエイジングになっているかなと思います。 首元、その他全体的にやや色抜けしていますが、 着用している分には特に気になりません。 ただ、古着慣れしていない方、 新品レベルのものをお求めの方などは 購入をお控えいただくことをオススメします。 十分納得の上購入していただきたいので、 質問や多少の値段交渉0Kです。

モックネックスウェット 坂口健太郎さん着用 essay スウェット 【60%OFF】

モックネックスウェット 坂口健太郎さん着用 essay スウェット 【60%OFF】

  • 4.00

    趣深い

    マクミナミンズ

    趣深く、どこか懐かしい作品。インドでは、お弁当を配達するシステムがあり、その正確さがウリなのだそうだが、たまたま間違って届けられたことから始まる淡い恋の物語。夫婦の不仲、浮気、死別、年の差がある恋愛、傷心、孤児、そして幸福など、多様な問題が取り上げられている。邦画にはない雰囲気があり、インド映画はとても評価しているが、今回も期待どおり楽しませてくれた。欲を言えば、お弁当で文通を続けた2人が、最後にどうなるのか、会ったのか、会わなかったのか、もう少しヒントが欲しかった。上に住むおばさんとは心が通い、弁当も行ったり来たりして姿が見えない男と女を結びつけているのに対し、目の前にいる夫とは会話すらない。その対比がこの作品のメッセージなのだろうと感じた。大切なことは必ずしも目の前にあるものや人であるとは限らない。そんな風にも解釈できる気がした。

  • 1.00

    正直よくわかりませんでした。

    れんと

    この話が何を伝えようとしているのかはわかりませんでしたただ身近にウツの人がいるので主人公の女性が朝一生懸命起きようと頑張っている姿には思わず「どうか起きれくれー」と声に出したいくらいでした(唯一リアルさを感じた場面)主人公に対するお店の人たちの態度を見た時、あのバイト先でどんどん人が辞めていく理由がわかる気がしました(ウツと公言している主人公に対して割と平気でNGな行動をしている様に感じたので主人公が繰り返しいい人達と強調するのもなんだか気持ちを偽っている様に感じられました)主人公の彼氏も終始(初めから終わりまでずーっと)うつろな目をしていて精神を病んでいる様子で、そんな2人の様子を描いているわけで前半少しと彼氏の昔の彼女が出て来る場面以外は終始絵面が暗くウツの人は見ない方が良いと感じましたウツの人の事は多少わかるのですがソウウツの人の事はよくわからないのでなんとも言えないのですが最終盤特徴的な場面があるのですが自分は今まで生きてきてあのような行動をとる人を見たことがありませんソウの方には理解できる行動なのでしょうか?もし表現としてあのような行動をわざとさせたのなら単に偏見を助長するだけではないでしょうか?「生きているだけで、愛。」というタイトルと内容が自分の中で全く一致せず登場人物たちも美男美女ばかりで身なりもきっちりしていて(一見だらしなく見える人もいるけれど非常に綺麗でおしゃれな崩し方)そういう所もなんなんだろうな?と思わざるを得ないのです。感激している人も多い中すいません

  • 5.00

    美しい映画です

    ネコ

    久しぶりに胸がときめく映画を観ました。ラヴシーンがあるわけでもなく、二人が実際に会う事はなかったのに、とてもドキドキしました。この二人に続きがあるのなら、本当に素晴らしいです。「間違えた場所でも正しい場所に着くのか、今に分かる」この言葉がとても深く余韻に残る、本当に素晴らしい映画でした。

  • 5.00

    見つかっちゃう…って?

    furuerugyuu

    タイトルは終盤での印象的なセリフで、どういう意味なのかなぁ…と。寧子は登場したのっけから不快なキャラ満点です自称鬱なだけで働く気もない、津奈木に何もかも頼りっきりのクズさ全開に滅茶苦茶フラストレーション溜まったのですが、突飛な展開からバイトを始めたのを機に、そこからあぁ、この人ホントに病気になんだなと気付かされました最初のうちの、ただのクズっぷりに怒りすら沸いていたのがなんだか申し訳無く思いましたそれにしても趣里さんの凄まじいまでの怪演に圧倒されてしまいますよね普通なら最優秀主演女優賞もんだろう、って日本アカデミー賞なんかいらないか?終盤にかけてはもう痛々しくてみてるのが辛い。菅田将暉くんも、内にこもった何かを抱え込んでる若者みたいなのを演じると、もう断トツで右に出るもの無しですわ寧子と同様に、鬱だったり、または転職などで苦しんだ経験ありの人は、みるタイミングを考えたほうが良いでないと主人公たちと同化してしまって塞ぎ込んでしまう可能性大です元気な時に観れば元気なくなりそうだし、かといって落ち込んでいる時に観て、一緒に泣いたりできるかというと、そういう類のものではない気がする私は三連休の初日に観てしまった…生きてるだけでこんなに苦しいだったら死ねばいいじゃん、って単純に思った 私ならそうする。とかいって死ぬのも大変なんだけど…

  • 5.00

    ラストは私たちに委ねられている

    Ponponpon

    良い意味で裏切られた映画です。誤配達がほぼ無いという、ダッパーワーラーのお弁当配送システム。なぜこの期間だけ誤配達されてしまったのか?二人がめぐりあうための神のいたずらか?ハッピーエンドを予感させるような、それとも悲しい結果になってしまうのか、それは観ている私たちの心によってラストを委ねられたような気がします。

  • 5.00

    たった一人の恋人。

    Hitomi

    久々に邦画でヒットしました。愛とは・・・?深く考えさせられます。役者が良いですね。阿部サダヲさんに蒼井優さん。十和子への深い深い愛情お見事・・・彼だけが、、彼だけが本当の愛をくれた。たった一人の恋人・・・

  • 5.00

    間違った電車に乗っても、正しい場所に着く”

    島村ジョー

    わずか3人の登場人物で構成された、とてももの静かな物語。誤配された弁当箱からロマンスが始まる、という寓話的な切り口ながら、現実社会の非情さがきめ細やかに描かれる。3人の俳優が皆すばらしい。そして何より、深い余韻を残すエンディングにうなりました。傑作です

  • 5.00

    分かる人には分かる作品。

    0u0p

    精神疾患を患っている人や、生きづらさを感じている人には絶対に見てほしい。リアルです。終わったあとに涙が止まらなくなりました。主人公の女の子がまるで自分のようで見てて苦しかったです。ここまで精神疾患をリアルに描かれた作品は初めてでした。

  • 5.00

    孤独な大都会ムンバイに咲いた奇跡(2015年掲載分、再掲載)

    pelikan

    2013年に公開されたリテーシュ・バトラ監督の「めぐり逢わせのお弁当(The Lunchbox)」。 このところボリウッド映画は「きっとうまくいく」「スタンリーのお弁当箱」「マダム・イン・ニューヨーク」「バルフィ!人生に唄えば」等、それまでの娯楽映画から明らかに人と人との揺れ動く心の機微を描いた作品にシフトしてきているようです。 物語は日本の宅配便システムに類似した弁当配達人ダッパーワーラーによる弁当の誤配がきっかけで始まった手紙で心を通わせる見知らぬ男と女の心の機微が丁寧に描かれていきます。 亡くした妻の想い出に浸り自己の殻から抜け出せない孤独な初老男のサージャン(イルファン・カーン)、浮気をしている夫の愛を取り戻せず自殺も考える主婦のイラ(ニムラト・カウル)、そして、イラの上階の住人デシュパンデーおばさんも意識が無く心が通わない夫を看病する毎日。 この上階のおばさんも声だけで顔は見えないという都会独特の隣人関係を象徴しています。 イラの母もまた病気の夫と意思の疎通が図れていない現状です。ムンバイでは皆、大都会の孤独に耐えて生活しています。 そして、早期退職を控えた保険会社の会計係のサージャンの後任として採用されたシャイク(ナワーズッディーン・シッディギー)の親しく馴れ馴れしい態度にサージャンは苛立ち冷たくあしらってしまいます。 しかし、このシャイクのフレンドリーな笑顔は天涯孤独であるが故に人と人が繋がるために想像を絶するような境遇の中で身に付けたコミュニケーションの術だと気付かされるサージャン。この辺りのサージャンの心境の変化が見物となっています。 振り返れば「きっとうまくいく」でも「スタンリーのお弁当箱」でも主役の少年は孤児の設定ですが、いずれもが悲しみを乗り越えるためにその眼をキラキラと輝かせ笑顔を作らざるを得ない理由を持っています。 この映画ではボリウッド映画お得意のサービス満点の歌や踊りは見受けられません。 あるのは、電車の中で子供達が歌う映画「Raja Hindustani」の劇中歌「Pardesi Jana Nahin」、弁当箱内の手紙で男性の名がサージャンと知ったイラが階上のおばさんにリクエストしてラジカセから流される映画「Saajan」内の挿入歌「サージャン/優しい人」位です。 そして、サージャンがアパートのテラスから覗き込む隣家の窓から見える家族の食事と団欒風景の温もり。 この辺りは冷え切った団地の真っ暗な部屋に帰宅すると、壁越しに微かに聞こえる隣家の子供達の笑い声や茶碗の音、誕生日らしいハッピーバースデーの歌声、その温もりに心温まった単身赴任時代を想い出してしまいました。 また、イラの手紙で待ち合わせた喫茶店では若い彼女を見て、彼女の本当の幸せを考えると声が掛けられなかった初老男のサージャン。この辺りは死ぬほど好きなのに女性の幸せを考えると黙って身を引き若い男性へと結びつけるチャップリンの「サーカス」や「ライムライト」に通じるところがあります。 ダッパーワーラーから聞き出した誤配先であるサージャンの事務所を訪れ、既に退職したことを知り、娘が学校から帰宅したら家を出る決心をするイラ。 一方、故郷ナーシクに向かう車中で見かける老人の皺だらけの手を見たサージャン。 今、イラを諦めたならばこの老人のように朽ち果てるだけで一生後悔することになるだろうと意を決してダッパーワーラーを訪ねイラの家に向かうサージャン。 この映画ラストではサージャンと一緒に電車内でダッパーワーラーが歌う聖トゥカラームと聖ジュニャーネーシュヴァルを讃える歌が歌われエンドクレジットまで続きます。 果たしてサージャンとイラは会えるのでしょうか? 謎を残したままのエンディングです。 このヴィシュヌ教の聖者の逸話集に出てくる聖トゥカラームと聖ジュニャーネーシュヴァルの民間伝承がこの映画の結末を暗示しているように感じますが全く解りません(両聖人の逸話に関する文献を調べていくと悲劇的結末となる逸話等も見つかるのですが、この映画ではどの逸話を指しているのかが解りません。)。 このことを親しくなったインド料理店の若い店員に質問してみましたがこの逸話集や映画は知らないとのことですっかり迷路に陥ってしまいました。 映画中でシャイクが話す「時には間違った電車でも、正しい目的地に運んでくれる。」との言葉、そして、イラも呟く同じ言葉。私にはハッピーエンドとなる予感を感じます。 家族の在り方、男と女の機微、小津安二郎の映画を思わせ日本映画のようなどこまでも深い映画です。

  • 2.00

    思ったのと違う、、

    まりぽん

    終始、趣里のエキセントリックでヒステリックな演技がリアリティがあり、見てて苦しく痛々しい。恋人に、苦しみを分かち合ってほしいという気持ち、自分は働けなくて家事も出来ず、寝てばかりで、申し訳ない気持ちと、好きだからわかって欲しい気持ちをぶつけてしまう所とか共感できるけど、病気でない人には、理解しようとしても無理がある。その上で寄り添う努力をしようとするのは、愛があるから、自分もほんの少し似た部分と分かる部分があるからなのでしょうか?自分だけが、社会から置いていかれる孤独と好きな人にも理解されず、回りに受け入れられ、優しくされて嬉しくても、さらに孤独を深めてしまう切なさ、どうしようもなく辛い。アンドウさんも、別の意味で少し病んでいる変な人。直接元彼に話せばいいのに、今彼女に別れろ、仕事しろとか意味わからない。個人的に菅田君の魅力が出てない作品だと思った。それ目当てだったけど。現実的には、主人公は苦しいだろうが、支える人はとても大変。もう少し内容が、あるのかと思ったけど淡々としすぎて期待はずれでした。

モックネックスウェット 坂口健太郎さん着用 essay スウェット 【60%OFF】